ニコニコ大百科

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

う~ん世の中、世知辛い!・・・・のじゃ~!

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんとは、VR世界に生まれた現実である。

ぱっと見、様々な属性が盛り込まれているように感じるが、実際に動画を見てみれば成分が何であるか、すぐにお分かりいただけるであろう。

概要

バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん
動画投稿者
バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん
アバター
みここ
基本情報
誕生日 不明
声優 ねこます
タグ #バーチャルのじゃロリ狐娘youtuberおじさん
#のじゃおじ
#獣耳帝国国営放送
Twitter @kemomimi_oukoku
niconico user/35083
(ID5桁の古参)
YouTube けもみみおーこく国営放送
ブロマガ ねこみみメモ
配信歴
サブアバター
ねこ
基本情報
誕生日 不明
声優 ねこます
のにゃおじ
タグ #バーチャル猫耳魔女っ娘youtuberおじさん
#猫耳魔女おじ

ケモミミ布教スキルアップなどのために開始され、バーチャルYoutuber界に突如名をかせた全部俺プロジェクトである。

正式名称は「ねこます(ねこみみマスター)」。

ボイスチェンジャーすら使用せずに収録しているためらしいキャラクターおじさんで喋るという奇妙さが最大の特徴。

仕様上常に顔に見える表情やキャラ作りの一環で思い出したかのように時折付けられる「のじゃ~」という語尾は魅の一つ。

2017年12月5日、にゃるら氏のはてなブログ根室記念館」に掲載された記事『キミは「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」を知っているか!?』が拡散されたことから人気を博し、3桁前半だった登録者数が突如1万人規模[1]に急増することとなり、ついに同年12月28日に登録者数10万を突破した。

同年12月25日には先輩の同業者と言える電脳少女シロの生配信コラボ出演した。だけの出演であったため「バーチャルと狐娘要素を引くとほんとにただのおじさん」と本人も嘆いた。また、同配信内では再びコラボした動画の撮影も決定した。

動画で使用しているキャラクターの名前は「みここ」。BowlRollにはUnity上で使用できるモデル開されている。「VRChat」というVR技術でアバターを用いた交流を行うゲームにはねこます氏本人が出没しているほか、このアバターを使用した別人がミライアカリとコラボを果たすという事態が起きた。

また、彼女が持つ複数の要素は本人のこだわりのデザインによるものである。ケモミミ要素は「DNA可愛いと感じるから」「作りたいし成りたいモノだから」、巫女要素は「VRChat人気UTAUキャラ櫻歌ミコ』から」、髪色は「の体色」から取ったことが明かされている[2]。他に通常見えない部分にも妙なこだわりが隠されている。

ちなみに、長らくニコニコ動画には「ニコニコでは受け入れられないと思ってYoutuberとしての活動動画投稿していなかったが、2018年1月1日に全て開された。

同年1月5日には1月1日公式サイト公開時点で先行公開されていた「バーチャル猫耳魔女っ娘youtuberおじさん」こと「ねこま」のアバター動画上に登場した。本来はVRChatハロウィンアバターコンテストに提出したモデルであるため、コウモリモチーフ衣装を着た赤髪少女の姿となっている。製作時期もみここよりく、リリース2017年10月25日と表示されている。

開されている彼女たち以外にもいくつかのモデルが存在しており、自主制作モデルPVVRコスプレイヤーみゅみゅ氏の生放送にゲスト出演した際の映像などにその姿を見ることができる。

注意

2017年12月中には投稿動画に利用規約等の針が掲載されていたが、公式サイトの開設に伴ってそちらに詳細なQ&Aページが掲載され、二次創作の範囲についてやメディアへの掲載についてなどの詳細な記述がなされた。キャプ画像等のSNSチャットツール二次創作での使用においてはファン活動の一環として扱っているが、一部の条件においてはねこます氏の許諾が必要となる等制約があるため思い当たる場合は記載されたページの確認を推奨する。

また、公式ツイッターアカウントが同Q&Aページの15番に記される基準によってTwitterユーザーブロックしていた例が報告されていたが、事故のような形でブロックしてしまった視聴者へは謝罪がなされ2018年1月3日現在では全て解除されている。

余談

動画制作的の一つとして、元々Unity等の3D制作職を希望しており、その勉強とポートフォリオとしての提出を兼ねていたため、モデルの作成、モーションキャプチャ企画まで、全てリアルではセブンイレブンバイトをしているおじさん(ねこます氏)が担当している。テクスチャの知識などは元々あったようだが、3D制作を始めたのは2016年9月頃というから驚きである。

カメラに向かってありがとう【010】』では将来の希望のためコンビニバイトを辞し、転職することを発表した。アイデンティティを失ってしまうという視聴者の意見に理解を示したが、失うものより得るものの方が多いという考えを視聴者への感謝とともにった。12月29日公式ブロマガでは3DVR分野の企業から内定を得たことを発表している。

また、先述のらしいキャラクターおじさんで喋るスタイルは狙って演出したものではないという。Live2Dなどの技術で自身の動きとキャラクター同期させて楽しむ一環での処理に悩んだことはあるが、「複数のツールを連携させるために必要なセットアップセッティングに時間をとられたくない」「安易なボイスチェンジャー使用による音質低下の回避」などを理由に生で収録しているとっている。[3]

2018年1月2日公開の動画からは『ネトゲ廃人シュプレヒコール』などの楽曲で知られるさつきがてんこもり氏の『Zoo (Feat. kana)inst』のショートエディット版がエンディングに使用されるようになった。この際の楽曲使用許可申請が縁で交流が生まれ、コラボしたオリジナルソングの制作が発表されている。

関連動画

関連静画



お絵カキコ

MMDモデル

上述のみこことねこまのUnityモデルMMD用に変換したモデルが有志によって開されている。

活動

関連項目

脚注

  1. *2017年12月25日現在では約65000人規模。
  2. *PANORA VIRTUAL REALITY JAPANなぜオッサンはかわいいに憧れるのか 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(前編)1712月12日(1712月25日閲覧) より要約
  3. *返信するだけのつまらない長い動画【008】 11:45より。

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」で検索
急上昇ワード2018/01/22(月)13時更新
>>もっとみる