バーチャルYouTuber単語

    バーチャルユーチューバー

    掲示板をみる(1.3万)

    97

    YouTube上で動画等の配信活動を行う架キャラクター群をすのに用いられる呼称である。「VTuber」などと表記されることもある。また、そのほかのライブ配信サービスを利用する場合などにYouTubeという特定サービス名を使用することを避けるため「バーチャルライバー」などと呼称することもある。

    概要

    バーチャル」というから分かるように、2Dもしくは3DCGなどのアバターを持った配信者にこの呼称がよく用いられる。基本的には「YouTuber」のであり、独自の企画ゲーム実況雑談等多様なジャンル動画制作し配信しているため、同ジャンルとしてめられるものの内容は千差万別となっている。マルチコンテンツ量を誇る者、明るいコミュニケーション人気の者、が特徴的な者など各々の個性や人気な点も大きく異なる。

    撮影形式も多岐にわたるが、多くはアバターに後付けもしくはモーションキャプチャやリップシンクなどの技術を使用して演者の動きをある程度反映させを当てて配信しており、その担当する演者の詳細は非開というケースがよく見られる。撮影が仮想間上で行われる者は「仮想現実(VR)」や「拡張現実(AR)」と親和性が高く、外部のツールで応用している場合もある。またYouTuberを名乗るもののニコニコ動画等の別の動画配信サービスで活動している者も多く存在する。

    余談だがキズナアイAIを自称する影で他のキャラクター人工知能設定だと誤解されることがあるが、これも各々のキャラクターにより設定が異なる。

    経緯

    の初出は日本国内における類似した活動の先駆者的存在であったキズナアイ2016年12月1日投稿した『【自己紹介】はじめまして!キズナアイですლ(´ڡ`ლ)』と思われる。彼女の活動一周年と登録者100万人を迎えた2017年12月頃にはジャンル全体がインターネット上で爆発的に流行し、ニコニコ大百科においてはHOTワードを席巻することもあった。

    初出の時点で定義は極めて曖昧だが、キズナアイ登場以降の2017年に生まれた類似するキャラクターは「バーチャルYouTuber」に近い呼称を自称する傾向にあり、それをバーチャルYouTuberとして扱うことには概ね抵抗がいと言える。

    また、数あるバーチャルYouTuberのうちでも、特に2017年12月頃から人気のある五人に対しては「バーチャルYouTuber四天王」という俗称が用いられることがある。詳しくは該当記事を参照のこと。

    ニコニコ動画等においては、キズナアイ以外にも後述の一覧に登場するキャラクターの映った動画に加え、FacerigMMDモデルなどに何らかの方法でモーションキャプチャした動画にもバーチャルYouTuberタグが付けられることがあり、インターネット上全般においてはの初出時期なども度外視した「キズナアイに類似するもの」がバーチャルYouTuberとして認識されている傾向にある。またYouTuberニコニコ動画だけでなくSHOWROOMやOPENREC等の動画配信サイトで活動している者もおり、その場合はバーチャルSHOWROOMERやバーチャルライバー等という呼び名を名乗っていることがある。

    外においては事実上最古のバーチャルYoutuberとも表現できるAmi Yamato(2011年6月13日に活動開始)などキズナアイ登場以前に同様の配信を行っていた者が存在し、Virtual Vloggerなどと表記されることもあった。

    バーチャルYouTuberが増加した2018年ではインターネット上に開された素材を組み合わせて活動を開始する者も現れ、その結果アバターが共通の別キャラクターが生まれるなど稀なケースも見受けられるようになった。

    バーチャルYouTuberの一覧

    大百科内に詳細記事があるキャラクター

    詳細は「バーチャルYouTuber関連記事の一覧」も参照


    大百科内の詳細記事が未作成のキャラクター


    類似するもの

    既に「バーチャルアイドル」という似た概念があり、仮想的な存在が人気を集めている点は類似しているが、こちらはあくまでYouTuberであるため活動や外見がアイドル的である必要もなく、同義とは言い難い。

    その他に、類似したものとしてよく話題に上がるもののYouTubeで活動をしていなかったり、本人がバーチャルYoutuberであると認めていなかったり、アバターを借用していたりするなど様々な理由で「バーチャルコスプレイヤー」または「バーチャル配信者」とでも言うべき配信者も存在するが、実際には明確に区別されておらず実質的にバーチャルYouTuberとして認識されている者も存在する。

    また、現在バーチャルYouTuberとして活動している者の中にも過去にはこれに近い活動をしていた者や、一時はバーチャルYouTuberを名乗ったものの後に撤回した者も存在する。そのような配信者には高度な技術を持つ開発者と言える者が多い傾向にある。

    関連動画

    関連静画

    関連立体

    関連コミュニティ

    関連商品

    関連項目

    詳細は「バーチャルYouTuber関連記事の一覧」も参照

    技術・制作などに関連するもの

    バーチャルYouTuberに関連するもの


    企業・事務所・グループなど

    バーチャルYouTuber関連の企画など

    ニコニコに関連するタグなど

    脚注

    1. *厳密にはバーチャルYouTuberに準ずるものとして自身で定義付けしている様子が見られていない。

    掲示板

      • 12739ななしのよっしん

        2018/09/20(木) 16:35:09 ID: J2V9BdQBW8

        明期はVtuberと交流できる事それ自体が特別な体験でありコンテンツであった
        しかし今やも杓子もVtuberになれるほど広く普及し然程希少な存在でもなくなった
        これはやりたい事があるVtuberに多くの分野に進出できる契機を与えたと同時に
        ただVtuberやってみたい(それ以外に戦略がない)人をどんどん没落させる事にもなった訳だね
        既に圧倒的に強な勢を形成しているYoutuber市場を争う関係上
        Vtuberの専門であるVR分野に特化した方が生き残りやすいというのはその通りだと思う
        ただVR分野に拘らずとも理想の外見と設定を用意できるのがVtuber最大の強み
        自分のコンテンツに合わせて魅的なキャラを用意できるという優位を活かさぬのは体ない
        自分がやりたいコンテンツをきっちり吟味して自分の売りを用意できるVtuberがこれから生き残れると思うな

      • 12740ななしのよっしん

        2018/09/20(木) 17:14:30 ID: jl+kcdsxoX

        すげぇ長文だ…メマイがしやがる…

      • 12741ななしのよっしん

        2018/09/20(木) 17:24:51 ID: lk5qIUuxPS

        現実から全に切り離したら3Dアニメ作品との違いがわからなくなるんだが。
        ストーリー動画作品をとして出してるVtuberも作品だけの評価じゃなく、それを生み出してる作者としての存在活動を含めて好かれてるんじゃないの?
        現実から切り離してキャラクターが存在してるのは動画のなかだけですよと強く演出したら、せっかくの現実キャラクターが限りなく近く感じられる長所を生かせてない気がする。
        仮想のキャラクターツイッター使ったりゲームしたり実在する食べ物食べたりと現実世界リンクして活動していることが、アニメキャラにはできない最大の良さだと個人的には思う。

    急上昇ワード

    最終更新:2018/09/20(木) 17:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/09/20(木) 17:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP