ニコニコ大百科

ボルトアクション

ボルトアクションとは、身の後端を閉鎖している遊底(ボルト)に繋がったボルトハンドルを手動で操作し、弾薬の装填と殻きょうの排出を行う銃器の作動方式である。

概要

 1836年に当時のプロイセン完成したドライドライゼツントナーデルゲヴェーア)がボルトアクションの始祖的な存在である。ドライきょうの単発式であったが、当時の流であった前装式(口から再装填を行う)よりもはるかに発射速度が優れていた。加えて、従来の前装式は棒立ちの状態で装填を行わなければならなかったのに対し、ドライは伏せたまま装填できたため、圧倒的な戦術的優位性を得ることができた。

 その後、金属きょう、マガジンからの再装填による連発化等の良を経て、19世紀末にはボルトアクション機構はほぼ完成を見た。その後第二次世界大戦頃まではボルトアクション式の小銃歩兵部隊の火器として広く用いられたが、大戦中に普及した自動小銃突撃銃などに押され、第二次世界大戦後は各歩兵の地位を譲ることになった。

 現在でも猟など民間向けの銃器や、狙撃銃・対物狙撃銃など、連射速度よりも精度や堅さがめられる分野では、しばしばボルトアクション式が用いられている。

FPS等のゲームでは、ボルトアクション独特の操作がゲームのディテールを高めるためしばしば再現されている。

主なボルトアクション銃

第二次大戦機までの軍用小銃

現代の狙撃銃

類似の機構

レバーアクション

の用心トリガーガード)を兼ねるレバーで排莢、再装填を行うもの。ウィンチェスターライフルが有名。

ボルトアクションとほぼ同時期の発明品であり、操作はボルトアクションより手軽。ただし部品点数が多く精度や信頼性が低い、強弾薬が使用できない、伏射の姿勢ではボルトアクションより使いづらい、などの欠点から、狙撃用として生き残ったボルトアクションと異なり、自動小銃の時代を待たずに急速に淘汰されてしまった。

ポンプアクション

左手を添えるハンドグリップを往復させて排莢、再装填を行うもの。

操作性は手動装填式では一番であり、頑ればセミオートの自動小銃える速度で連射できるらしい。その手軽さを買われ、散弾銃の装填機構として現在でも広く用いられている。左手でがしゃこん、といえば、現代においては散弾銃の代名詞である。

一方でレバーアクション同様、発射精度ではボルトアクションに敵わないため、ライフル用の装填機構としてはほぼれた状態にある。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ボルトアクション」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)22時更新
>>もっとみる