ニコニコ大百科

マンガ図書館Z

マンガ図書館Zとは、株式会社Jコミックテラス運営する電子書籍サービスである。

概要

他の電子書籍配信サービスと異なり、マンガ図書館Zでは「絶版になったマンガ」や「単行本化されていないマンガ」を著作者許可を得て(※)開している。これによって得られた広告収入を著作者に還元する、というのが基本システムである。

2015年12月24日からは若干状況が変化している。後述。

マンガ図書館Z漫画家赤松健氏が2011年に開始した「Jコミ」が前身である。その後2014年に名称を「絶版マンガ図書館」に変更。2015年赤松氏株式会社GYAOが共同で株式会社Jコミックテラスを設立、名称をマンガ図書館Zに変更し、Jコミックテラス運営する形になった。[1]

作品の配信による広告収入は100%著作権者に還元され、サービス側は手数料を取らない。
また、原則電子書籍にもなっていなかった絶版作品を扱うため出版社を介さず漫画家原作者などの著作権者と直接取引する形になる。

どの作品は新装版も電子書籍かったマイナー作品か、様々な事情・原因により商品価値が大幅に暴落した作品である為、パブリックドメイン含めしょっちゅう新規に作品が無料配信される。

マンガ図書館Zからは成人向け作品については有料プレミアム会員のみのサービスとなっている。(【補足1】なぜ、成人向け作品が有料プレミアム会員のみのサービスになったか - (株)Jコミックテラスの中の人

サービス内容

※以下に記載されているのはJコミ時代のものであり、現在マンガ図書館Zとは異なる部分がある。

公開方式

現在以下の方法で作品が開されている。

コミックビューワー

オンライン環境でのみ、ウェブブラウザから閲覧できる方式。
PCからの他、iPad等のタブレットPCiPhone等のスマートフォンからも閲覧できる。

動作保ブラウザは発表されていないが、最近のブラウザならだいたい大丈夫らしい。
AjaxによってJコミサーバー上のPDFファイルを表示している。

ページ毎にURLが振られており、twitter掲示板等からの参照性も高い。
もちろん自由リンクを貼れる。

原則として広告が入るが、有料会員「プレミアム300」に登録すれば、広告でサクサク楽しむことができる。

閲覧する端末の画面解像度に合わせられるよう、表示サイズは見開き表示で【1170x827】と【842x595】、片面1ページ表示で【421x595】の3パターンが選択できる。後述の有料会員はさらに高画質な表示も選択できる。

下記の機実装している。

コードネーム

コミックビューワーはバージョンによってコードネームが付けられており、バージョン数にちなんだマンガアニメキャラクターから命名されている。

Ver. リリース コードネーム 元ネタキャラクター 登場作品
3 2011年4月12日 Arnoul(アルヌール) フランソワーズ・アルヌール(003) サイボーグ009
4 2011年8月1日 ムラサメ フォウ・ムラサメ 機動戦士Ζガンダム
5 2013年4月12日 カヲル 渚カヲル 新世紀エヴァンゲリオン

バージョン1と2はβ開期間のテスト版の為、コードネームは付いていない。
※「カヲル」はプレミアム300会員専用。

セリフテキスト入力

絶図のコミックビューワーの特徴的な機の一つに、セリフデータがある。
マンガ上に画像として表示されているセリフを、ユーザーが1ページずつテキストできる機である。

マンガの写植セリフや書き文字OCRに不向きで、現在のところ自動でテキスト化する技術は下研究中であり実用レベルに達していない。そのため、ユーザーに手作業によるセリフをお願いしている。

されたデータセリフ読み上げや翻訳の元データとして利用される他、開されている全作品をまたがる全文検索も可である。

公式アプリ

Jコミ提供する専用のアプリを介してPDFファイルダウンロードできる方式。
スマートフォンタブレットPCといった携帯通信端末向けのサービス
iOS版とAndroid版があり、それぞれApp StoreとGoogle Playで無料ダウンロードできる。

その実は単なる「WEBブラウザ付きの汎用PDFビューワー」であるため、AppleGoogleの審検閲)をえた18禁作品の閲覧が可となっている。

通常のPDFダウンロードとは異なり、ファイルを外部に保存したり移動することができず、アプリを介してのみ閲覧することができる。ダウンロード数に制限はなく、メモリの許す限り作品を手元に保存することが可

開されている全作品(R18作品を含む)をダウンロードすることができ、オフラインでいつでも楽しむことができる。

コミックビューワーと同様、原則として広告が入るが、有料会員「プレミアム300」に登録すれば、広告でサクサク楽しむことができる。

PDFダウンロード

スタンドアロンの広告付きPDFファイルダウンロードできる方式。
対応している作品数が少なく、今後も増える予定がないので、参考程度に。

ファイルにはDRMデジタル著作権管理)が施されておらず、自由コピーや再配布が可になっている。

絶図からDLしたPDFファイルzipにしてどこかのうpロダに上げたり、P2Pで流すのも全合法である。
が、絶図以外からDLしたファイルが別な何かだったりウイルスだったりすることもあるので、公式サイトからのDLが推奨されている。

JコミFANディング

広く薄く投資を募るシステムクラウドファンディング」を参考にし、作品のコアファン向けにやや高額でマンガ全巻セットなどをDRMフリーPDFファイルで販売する企画。これ自体は「クラウドファンディング」ではないので注意。

販売期間を1ヶ程度、購入者数を数名~100名程度に制限し、数千円~数万円という価格設定で、本当にその作品が好きなファン向けに特化した販売形式を追及している。

販売されるセットや価格にもよるが、購入者全員に特典として、作家の「直筆サイン入りハガキ」や「作家本人との飲み会参加権」などが提供されており、まさにマニア企画となっている。

例によってJコミは手数料を取らない。

Jコミで印刷できるってよHD

Jコミ掲載作品をの本として製本、販売するサービス

販売定価は「印刷費の2倍」に設定されてており、例によってJコミは手数料を取らず印刷費以外はすべて作者に渡るので、驚きの印税50を実現している。

現在は未単行本化作品のみ対応している。

Kindle

2014年9月より絶版マンガ図書館に登録されている作品を、Kindleでも販売出来るようになっている。[2]

Amazonで販売されている作品を検索

会員登録

作品の閲覧だけなら登録は必要ないが、コミックビューワーのセリフや作品のアップロード、またR18版の閲覧を行うには、ユーザー登録が必要になる。
メールアドレスによる認を行っている。もちろん無料である。

Jコミをより楽しみ、より快適に使用するため、有料会員システムも用意されている。
プレミアム100プレミアム300の二つのコースがある。

要利用可サービス較表
未登録 一般会員
無料
プレミアム100
108円)
プレミアム300
324円)
コミック
ビューワー
閲覧 ○*1
R18版の閲覧 ×
高画質モードでの閲覧 × ×
メールマガジン配信 × × 通常版
広告非表示 × × ×

*1 Jコミの時は最後まで見れたが絶版マンガ図書館に移行してからは途中までしか見れなくなっている

その他のサービス

メールマガジン配信

有料会員向けに2回のペースで配信されている。
執筆者は社長赤松氏本人であり、マンガ業界や電子書籍業界についてっている。
バックナンバーが全文サイトに掲載されており、有料会員なら創刊号から閲覧することができる。

プレミアム300ではプレミアム100の通常版の内容に加え、イラストインタビュー記事の掲載されたメルマガが発行されている。

あなたが広告主

コミックビューワー内に掲載する広告を気軽に出稿できる機
個人ユーザーでも下限300円から広告を出すことができ、 おひねり感覚で好きな作家を応援することができる。
もちろん広告掲載料は全額作者に還元され、Jコミは手数料を取らない。

作品アップロード

絶図に所蔵して欲しい絶版作品をzip形式でアップロードできる。利用にはユーザー登録が必要。
違法絶版マンガファイル浄化計画」も絶賛進行中である。

「自分のコレを上げてくれ」掲示板

漫画家自身がユーザーアップロードして欲しい作品をリクエストできる掲示板。要するにホワイトリストの一種。

マスコット

公式トップページタイトル画像やJコミ情報twitterアイコンにいるいやつがJコミマスコットキャラ
名前は「ハンペン君」。よく居眠りする電子精霊[3]

魔法先生ネギま!」の長谷川が使役する電子精霊と同種のものと思われる。(ただし色が違う)

沿革

2010年 11月 10日 サービス概要発表[4]
26日 βテストラブひな」配信開始[5]
2011年 1月 11日 β2テスト放課後ウェディング」配信開始
25 β2テスト「交通事故鑑定人・環倫一郎」配信開始
2月 1日 β2テスト「ベルモンド」配信開始
3月 10日 コミックビューワー「アルヌール」実験開始[6]
4月 12日 正式サービス開始[7]
19日 コミックビューワーに大画面版を実装
24日 配信タイトルが10作品に到達
26日 コミックビューワーにセリフ全文検索実装
27日 ダ・ヴィンチ電子書籍ワード2011 特別賞 受賞[8]
6月 7日 作品のタグ実装
11日 作品の解説編集機実装
16日~19日 八神健フェア」開催[9]
23 配信タイトル50作品に到達
7月 26日 コミックビューワー「ムラサメリリース[10]
9月 10日 配信タイトル100作品に到達
15日 Jコミプレミアム概要発表[11]
10月 1日 Jコミプレミアム」(現・Jコミ R18)開始
12月 10日 iOS用「J Reader」配布開始
2012年 4月 12日 「あなたが広告」機実装
15日 定期メルマガ『はんぺん』発行開始
16日 配信タイトル200作品に到達
5月 12日 Android用「JComi Viewer」配布開始
18日 Android用「JComi Viewer Premium」配布開始
6月 29日 配信タイトル300作品に到達(プレミアム合算)
8月 1日 iOS用「JComi Viewer +」配布開始
9月 15日 JコミFANディング」βテスト開始
12月 22 第1回「JコミFANディング」開催
2013年 4月 12日 Jコミプレミアム」を「Jコミ R18」としてリニューアルし、無料サービスへ移行
有料会員コースプレミアム300」導入
iOS/Android用「JComi Viewer +」バージョンアップ/配布開始
27日 第2回「JコミFANディング」開催
6月 26日 明寺裕 応援FANディング」開催
11月 3日 Jコミで印刷できるってよ」βテスト販売開始
12月 14日 第3回「JコミFANディング」開催
2014年 3月 29日 「くりた陸 応援FANディング」開催
5月 16日 Jコミで印刷できるってよHDサービス開始
7月 11日 サービス名を「絶版マンガ図書館」に変更しリニューアルオープン

著作者が実際には許諾していない作品の混在

上述のように、基本的には著作者許可を得て開する方式であった。

しかし2015年12月24日からは、著作者本人の許可を得ずに開された作品が混じったことが確認されている。[12]
その理由は、この日リリースされた新機アップロード&許諾システム[13]にある。

この機は、

  1. 第三者が漫画作品のZIPファイルマンガ図書館Zアップロードする
  2. 開待ち作品」のカテゴリに追加され、表一枚だけ開される
  3. 権利者が「開する」ボタンを押す
  4. 投稿作品」のカテゴリに移動し、全ページ開される
  5. 広告収益はプールされ、権利者が収益受け取りの手続きをすると収益が支払われる

という流れとなっている。だが、この3.の部分で、実際には権利者ではない人間が「開する」ボタンを押してしまうケースも生じている。

開する」ボタンの上にリンクがある「作品開規約」[14]には、

許諾会員は、当社に対して、当社が許諾作品を本規約に従って利用することを許諾するために必要かつ正当な権限を有していることを保するものとします。

という一文があるため、マンガ図書館Zとしては「この規約を守った上でボタンを押した以上、押した人間は権利を有している」とみなしているようだ。
Youtubeニコニコ動画への動画投稿時に、「権利侵はしていない」という規約に同意させられる事と似ている。

だがこの方式開始後、Youtubeニコニコ動画に規約に違反して権利侵動画投稿されることがあるのと同様に、本来の権利者以外がボタンを押して開してしまう例が出てき始めた。

なお、自分が権利を有する漫画が、自分を騙った何者かによって断で許諾され開されていることに気づいた場合、要請を行えば開を停止することができる。このシステムYoutubeニコニコ動画と類似している。

赤松健氏は、本来の権利者以外が開してしまうことがある、という点についてこの新たなシステムの「要ポイント」と認めつつ、このシステムを導入したことに関する想いを広報ブログっている。[15]

なおマンガ図書館Zの「検索」機では、この「アップロード&許諾システム」によりアップロードされた漫画も、それ以前のシステムに則って開されている漫画も混在して検索結果に表示されてしまう。そのため利用者からは区別が若干わかりにくくなっている。
見分け方は、各々の作品ページ右上に「Zオフシャル作品」というロゴが表示されているか否かである。このロゴが表示されている場合は、以前からのシステムによるオフシャル作品。逆にこのロゴがない場合、「アップロード&許諾システム」を利用して開された作品である。

関連動画

外部リンク

関連項目

ニコニコ大百科に記事があるオフィシャル作品・作家

著作権者の許諾が確認されている「Zオフシャル作品」「Zオフシャル作家」に限る。

作品

小説
TRPG(ルールブックなど)

作家

脚注

  1. *赤松健さんとGYAOが無料マンガ配信に新たな一手 「マンガ図書館Z」始まる - ITmedia eBook USER
  2. *★「絶版マンガ図書館」から、キンドルへの登録が可能になりました - (株)Jコミックテラスの中の人
  3. *Twitter / @Jコミ情報室(まだ仮): マスコットキャラクターの名前は現在募集中です。わかっ ...
  4. *(1) はじめに - (株)Jコミの中の人
  5. *(9)  『ラブひな』全巻を無料公開しました! - (株)Jコミの中の人
  6. *(16) 「アルヌール」実験開始 - (株)Jコミの中の人
  7. *【お知らせ】 リリース第1号!『プレイヤーは眠れない』(全一巻)を無料公開 - (株)Jコミの中の人
  8. *ダ・ヴィンチ電子書籍アワード2011
  9. *【サイン色紙が当たる!八神健フェア】 まずは、『きりん ~The Last Unicorn~』(全3巻)を公開! - (株)Jコミの中の人
  10. *(27) 新型コミックビューワーV4「ムラサメ」をリリースしました - (株)Jコミの中の人
  11. *(34) 有料制「Jコミ・プレミアム」のβテストを、10月1日から開始! - (株)Jコミの中の人
  12. *「皇国の守護者」コミック版がマンガ図書館Zで突然の無料公開の後、削除 海賊版対策の抜け穴が問題に - ねとらぼ
  13. *http://www.mangaz.com/information/detail/1915
  14. *http://www.mangaz.com/company/approval
  15. *赤松健、これが究極の一手。・・・なぜ我々は「電子書籍版YouTube」を目指すか - (株)Jコミックテラスの中の人

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「マンガ図書館Z」で検索
急上昇ワード2017/12/15(金)17時更新
>>もっとみる