mainmenu

globalmenu

    ミストさん単語

    ミストサン

    掲示板をみる(3,265)

    25

    主観的な記事 この記事はアンチ臭いけどそれくらいは、どんな記事だってあるさ。
    だってそういう経験はあるしね。
    でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。 重要なことじゃない。
    転載記事 Wikipediaにだってミスト・レックスの項目はありますよ…
    ニコニコ大百科の記事とは較にならないほどのマトモな項がね…

    くっ、落ち着け、こんなTOP絵に釣られるな・・・う、うおおおおおっ!

    ミストさんとは、スーパーロボット大戦K主人公ミスト・レックスのことである(近影)。
     もしかしてミスト(ルーンファクトリー) 

    こんなあらすじみたいな概要を見る価値があるのか・・・?

    ミストさん惑星アトリームの新人防衛隊員。年齢は20歳。
    幼なじみアンジェリカと共に暴徒鎮圧に慣れるような任務に励む日々を送っていたが、
    突如現れたの敵によりアトリームは1ヶで滅亡。しかし、ミストさん奇跡的に生き残り、惑星ベザードに流れ着く。

    差別や迫がささいな事である惑星ベザードでシェルディアというの世話になるも、
    アトリームを消滅させたの敵によりベザードも10日で滅亡してしまう。これで2連敗である。
    しかし、ミストさんはまたも奇跡的に生き残り、今度は地球に流れ着く。

    が減って行き倒れたミストさんは、運び込まれたダンナーベース記憶喪失を装ったところ、
    パシリとして雇ってもらえることとなった。住み込みで。
    こんな怪しいやつ雇うとかダンナーベースの人達優しすぎだろ……

    こうしてミストさん物語スーパーロボット大戦K」は幕を開けた。


    最近、ミストさんの口調を真似暴徒関係な動画で暴れているらしいですよ・・・。
    善良な地球人の皆さんがアトリームを使う時はふさわしい場所、ふさわしい時をちゃんと選んで使いましょう。
    何事もTPOを弁えるべきですよ、渡さん!

    万が一このような暴徒に遭遇してしまった場合は、黙ってNGに入れるといいですよ。
    イライラするのは分かりますけど、反応しても荒らしの連鎖を生むだけですよ、ヴァンさん。

    こんなにプレイヤーとシナリオライターで意識の差があるとは思わなかった…!

    発売前の公式設定と、あまりにもかけ離れた性格と設定の持ちである。多くのプレイヤーが彼の言動のおかげで会話スキップを発動させ、スパロボK解きプレイヤーも多く出ることとなった。

    ヒロインの一人の紹介に「空気を読まない」というものがあるが、
    そのヒロインより彼の方がよっぽど空気読めないどころか、それを通り越しているというような存在である。

    あまりの至上義(何かと地球と故郷を較し、下に見てしまいがち)、空気を読まなすぎる発言、何度言われても学習しない、戦艦や基地の廊下でやたら愚痴を吐くなど、多くのプレイヤーをイラつかせ、ストーリー部分を初見でスキップさせるなど前代未聞の偉業を成し遂げた(特に20話冒頭の会話は必見、念のため胃薬とか目薬を用意しておきましょう)。

    その上ライターのプッシュも色々な意味で酷く、ヨロイ大会の決勝戦まで進みプリシラ(ガン×ソード)と戦って(負けたけど)フラグを立てる仲良くなる(ヴァンは出場せずプリシラとの出会いはカット、それによるガンソの話の変更すらも手落ちがある)、200連勝を達成したゲームチャンプのゲイナー・サンガに初プレイで互り合う(ちなみにスパロボZジ・エーデルゲイナーに0勝12敗。ただ一応、ミストは散々下駄を履いた状態で、かつ一度きりのネタを使っての状態ではある。)、メサイアキラ・ヤマトと共に乗り込みミーアを救出する等等…
    しかし、上記にあるようなヘタレ以下の駄要素が強調されているのでバランスはとろうとしていたのかもしれない。
    その結果、魅や親近感の欠片もないキャラクターへ仕上がってしまったのだが・・・

    その言動によりいつしか付いたあだ名が「ミストさん」というものであった。さんをつけろよデコ助野郎!
    「呼び捨てにするほど親しみを感じない」からと言われるが、実際の所の由来ははっきりしない。

    ミストさんゲーム中でそう呼び、敬語を使ってくれるのは本当に中学生以下の方々ぐらい。
    プレイヤー部隊ではかなり低い地位にいるはずのムチャや、ミストさんより後に加入する
    草薙児によるミストさんの2人称は「おまえ」である。バカぽいこの2人にも人を見るはしっかりあったようだ。

    しかしそれでもアンチスレが存在しない……と思いきやファンスレが発売後3日でアンチスレと化していた。
    恐るべしミストさん

    ちなみに、DS起動時のメニュー画面に表示されるアイコンミストさんの顔である。
    プレイヤースパロボKプレイするたびにミストさんのウザいニヤけ顔と対面しなければならない。

    ただし、キャラの外見自体はクールな美形キャラであり、BGMは歴代主人公でも屈の燃え曲として評価が高い。戦闘アニメもグリグリ動く。2つのを失った宇宙人と言う初期設定も、スパロボ主人公としては非常にしく魅的である。

    つまり素材自体は非常に良いのに、ライターの技量一つで全て地に堕としてしまった訳で、OGシリーズでの救済が期待されるキャラとも言える。

    ちなみに、彼の補(の片方)の名前はアンジェリカである。故に彼を過不足く適切に表してるとされる言葉が某エロゲより引用されることがしばしばある。それが

    方って、本当に最低の屑わ!

    (正直元ネタ呼ばわりされたキャラよりプレイヤーの不快感は強いんじゃ・・・いや、よそう)

    ネタにしてくれる人がスレにいれば名言集だってできますよ、猿渡さん!

    彼の素晴らしい名言の数々(一応スパロボKネタバレ注意

    「ちょっと奮した人がいても暴徒鎮圧は防衛隊時代の任務で慣れてます!」
    コロニーの落下や侵略者の攻撃により地球混乱し、暴動や粛正のが吹き荒れていた。
    このことを知ったミストさんは言った。「戦争を止めさせる事は出来ないんですか?同じ地球人同士なんでしょ!?」「地球の人はみんな良い人ですよ! 話せばわかってくれるはずです!」
    ちょっと奮した人がいても暴徒鎮圧は防衛隊時代の任務で慣れてます! に任せてください!
    この後判明するのだが、惑星アトリームという2000年戦争がなかったらしい。それでも新人の防衛隊員が暴徒鎮圧に慣れてしまうというのだから、どういう内情だったのだろうか。
    ちなみに後に明かされる事実では、アトリーム暴徒ラスボスの復活の影を知らぬ内に受けて暴れだした人たちらしく、話し合いで矛を収めてくれる相手だったという。
    話し合いに応じる人を暴徒と呼び、数週間程度の期間で慣れてるというのか…
    「でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない」
    侵略者を前にして人類同士で戦争を始めたことにショックを受けるミストさんシェルディアに話を聞くとアトリーム戦争がなかったように、シェルディアの故郷であるベザードでも戦争伝説の物だったらしい。
    しかし、ベザードには迫や苛めはあったという。シェルディアが「それはささいな事…だよね」と聞くと、ミストさんは「そうだな。それくらいは、どんなだってあるさ。だってそういう経験はあるしね」
    でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない」と返した。
    そう、人類同士の戦争の前では迫や苛めもどうでもいい、ささいな事なのである。
    ちなみにシェルディアのされて殺されそうになった事が後々明らかになる。
    これをささいな事といえるシェルディアもシェルディアである。
    ちなみに話の発端は種死の連合の横暴に対するものであることも一考しておこう。 
    根本的な解決にはなりませんよね?」
    「…でも、それも原因の解決にはなりませんよね?」
    ミストさんる上で外すことのできない名言根本的な、ではなく本質的な、と言う場合もある。
    連合軍がベルリンを攻撃しているとの報を受け、戦艦アークエンジェルは連合軍を止めるため、
    ベルリン市民を助けるためにベルリンへと向かう。
    その途中でミストさんはこう言った。「確かに、たちが介入すれば、当面の争いを回避できるでしょうけど、
    根本的な解決にはなりませんよね?」しかし根本的解決がなんなのか、なぜ当面の争いの回避をしてはいけないのかは示さない。
    また、「連合軍を止めてベルリンの人々を助けなければ」と言うアークエンジェルの艦長に対し、「…でも、それも原因の解決にはなりませんよね?」と返す。どうしてもベルリンに行きたくない理由でもあるのだろうか。
    甲児にそれを聞かれると、流石にベルリンの人たちは助けないといけないとは思ってるらしかったが、
    「でも、原因を潰さない限り、同じような事が絶対に起きるはずだし…」と話がワルツを踊りだす。
    被害者であるベルリンの人たちを考えて根本的解決を考えているのか、はなはだ疑問である。
    「復讐心は悲しみの連鎖を生むだけですよ、ヴァンさん」
    童帝に対して。ガン×ソードキャッチコピー「痛快娯楽復讐劇」の全否定だが、そのものは間違っていない。
    しかしながら、彼自身がの前にすると復讐心から暴走するので説得などあったものではない。
    童帝に思わず「てめえが言うな!」と返される。まさに、お前が言うな
    また、スト-リーを進めて行くと、「ヴァンさんの復讐はただの復讐と思ってませんから。」とか言ったり、
    復讐に成功した後に「やりましたね、ヴァンさん!」と、復讐を肯定している。どっちなんだよ。
    「こんなに地球人で意識の差があるとは思わなかった…!」
    戦闘に次ぐ戦闘で疲れきっていた大空魔竜隊。くじ引きで当たりを引いたものは竜宮で休息できることになった。
    しかし、ミストさんは「人間同士の戦争をやってるっていうのに気分転換だなんて…」
    「一分でも一秒でも戦争終結への努をしなきゃならないって時に何を長に構えてるんだ…!」
    こんなに地球人で意識の差があるとは思わなかった…!」と、お怒りのご様子。
    シベやディガルド、一応ダリウスとの戦争も人間同士だったがそんなにカリカリしてなかったような…
    しかし、その後のシェルディアに対する態度からただ単にストレスが溜まってイライラしているだけにも見える。
    「これじゃ、地球を守りたくなくなっちまうよ…」
    機動要塞メサイアと共に散ったプラントの議長を見たミストさん
    責任を放棄して自殺しようとするなんて、許される事じゃない…!)
    (何でだよ…。何で地球人のトップはこんな人達ばかりなんだ…)
    これじゃ、地球を守りたくなくなっちまうよ…
    ミストさんがまともな人達と考えている自部隊にも一応オーブというトップがいるのですが
    ミストさん的には別にトップでもなんでもないようです。
    それなのに地球人と来たら…!」
    「まともな人なんて地球人には数えるほどしかいないんだよ…」
    「こんな、守る価値なんかない!はもう地球人のために戦いたくない!」
    「戦うなら勝手にやってくれ! は艦を降りる!」
    主人公にあるまじき発言4連発。
    アトリームには2000年間(暴動はあっても)戦争はなかった、というアトリーム自慢をしたと思ったら、
    地球に守る価値しといきなり言いはじめる。アークエンジェルの廊下で。
    そのあとヒロインのどちらか(ルートによる)にお説教される。
    アンジェリカルートなら地球人は悪くないというアンジェリカに対しいちいち反論するもことごとく論破され、
    シェルディアルートなら自分の理想を理矢理押し付けるのは独善とシェルディアに諭される。
    この件で一応地球を守る気にはなったようだが……
    アトリームにだって防衛隊がありましたよ…地球の防衛組織とは較にならないほどの巨大な組織がね…」
    アトリームやベザードを滅ぼした敵について話し合っていた所、地球攻撃に時間がかかっているのは地球には防衛組織が多いせいではないか、という意見が出る。それを聞いたミストさんは言った。「アトリームにだって防衛隊がありましたよ…地球の防衛組織とは較にならないほどの巨大な組織がね…
    防衛隊には災害漁業用の装備があることが劇中で触れられていたり、攻略本には巨大生物がいるらしきことが示されてはいるが、地球以上の規模が必要なのかどうかは判然としない。
    「支えてくれる人が傍にいればだって成長しますよ、渡さん!」
    「落ち着け、冷静になれ。憎しみらす為に戦うんじゃない…みんなのために、
    地球のために戦うんだ!」
    「くっ…! 落ち着け! あんな安っぽい挑発に乗るな!」
    「うおおおおおっ!」
    復讐するためではなく、地球を守るために戦うことを決めたミストさんは、
    仲間とともにアトリームを滅ぼした敵組織イディクスの幹部の基地に攻め込んだ。
    ようやく成長したか……と思いきや敵の安っぽい(取ってつけたような)挑発に乗ってうおおおおおっ!と突撃。
    あっさりと敵に捕まってしまう。似たような事をこの後も数回繰り返すミストさんまるで成長していない………
    「そんな事言ったら、だって2連敗ですよ!」
    魔獣メガに3連敗と苦戦するリーに対してのミストさん励。アトリームとベザードを失ったから2連敗ということなのだが、敗北の重みが甚だ違う上に発言としては驚くほど軽い。
    もし地球を守れなかったとしてもミストさんにとってはただの「3連敗」なのだろうか……
    なお、この励にリーは「いや、ダメだ。やっぱ限界だわ」スルー
    2連敗もリーの心にはかなかったようである。
    俺達カーバルに行かないか? 気分転換も必要だと思うんだ。 人間同士の戦争も終わったんだし…」
    なぜか地球人がピンク色カバの幻覚に襲われ、妙に陽気になってカーバルやエキデンやアイドルコンテストを始めてしまう。異人や機械の人や遺伝子調整をされた人や改造人間はその影を受けていないので
    原因の調に当たるのだが、異人のミストさんヒロインを誘ってカーバルへ行き気分転換しようとしている。
    「まだ侵略者はたくさんいるっていうのに気分転換だなんて…」
    「一分でも一秒でも戦争終結への努をしなきゃならないって時に何を長に構えてるんだ…!」
    「こんなにミストさんで意識の差があるとは思わなかった…!」
    「いやあ…オーバーデビルは強敵でしたね」
    強敵オーバーデビルと戦った直後の台詞。まるで他人事である。
    ちなみに、今回の戦いでオーバーデビルを倒せたわけではないので、この件はまだ解決していない。
    そしてそのことを正に話し合ってる最中でこれである。
    さらに言うとオーバーデビルに操られたり決死の説得をしたりと頑っていたゲイナーやゲインに関してもスルー
    「何だっていい!にとどめを刺すチャンスだ!」
    敵組織イディクスの幹部ヴェリニーが協者であったギルバーグの裏切りによってダメージを受けたところで、
    ミストさんは「何だっていい!にとどめを刺すチャンスだ!」と言い、必殺技でヴェリニーを倒す。
    一方で何かしらの悪意の塊であるはずのイディクス幹部の連中は三人とも出自を考えても(むしろ出自に反してるかもしれないぐらい)非常に情に厚く、やたら討ちを意識したり遺志を尊重するような言動を繰り返している。
    kmnはイディクスの方がややお気に入りなのではないだろうか、と思わず勘ぐってしまう。 
    「楽しい宴会でしたね…」
    全ての決着を付けた後の戦勝祝いの宴会後の台詞
    しかし最終決戦では中学生ミストさんの代わりに犠牲になっており、
    ミストさんは宴会なんか楽しんではいられないはずなのだが……
    一応、その後に中学生への感謝を述べてはいる。 
    「総士くんがいなくなってしまったからな…」(※注意事項)
    で、場合によってはその後に発言する容赦のない鬼畜台詞
    ……として有名だったが、条件とされるファフナーフラグ
    に関わらず、この台詞は登場しない。
    この一言にわざわざ他にフラグを用意するかも疑問であり
    恐らくは勘違いやデマの類であると思われる。
    いくらミストさんでも一応の常識はたぶん身につけているんだ!
    仲間として発言にはもう少し気を遣ってくれ!!
     
     

    いやあ、関連動画は強敵でしたね

    こんな素敵なテーマソング地球には数える程しかないんだ 

    関連商品を見つけたぞ!

    アトリームにだって関連コミュニティがありましたよ・・・。

    地球コミュニティとは較にならないほどの巨大なコミュがね…

    楽しい関連項目でしたね…

    関連リンク

    掲示板

      • 3263ななしのよっしん

        2018/04/19(木) 03:03:20 ID: KisvTGXOF4

        報連相すべき相手が信頼できない状況だった(信頼できるヒロイン勢相手には相は出来てるっちゃ出来てる)っていうのは加味しても良いとは思う

        まあその信頼関係を築けなかったことはミストさん自身の責任ではありますがね……

      • 3264ななしのよっしん

        2018/04/21(土) 11:31:58 ID: Xfegw3HxUa

        ミストも故郷を2度も滅ぼされたのでヴァンさんの憎しみは分かります。余計な事かも
            知れませんが、復讐に協させてください」
        ヴァン「好きにしろ」

        こんな感じにすれば良かったのに

      • 3265ななしのよっしん

        2018/04/21(土) 11:36:15 ID: zRG/cts/6q

        OGでは最初は性格的にトラブルメーカーになってしまうけど、最終的には精的に成長するって感じに描かれるのが難な気がするからそうなりそう
        次回作移行はきれいなミストさんが基本になるみたいな

    急上昇ワード

    最終更新:2018/04/22(日) 16:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/04/22(日) 16:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP