ニコニコ大百科

メタルブラック(タイトー)

タイトル

最終平和兵器らは、もう、引き返せない。

メタルブラック(METAL BLACK)は1991年タイトーから発売されたシューティングゲームである。

Doubt Story

宇宙侵略ワイルドリザード
らの非情な攻撃の前に、妥協と言う名の平和を選んだ政治家たち。
そのために開発の最終段階だった「メタルブラック」も、一度は闇に封印されたのだった。
そして再び、地球が死に絶えようとしているその時、闇を解き放ち「メタルブラック」が甦った!!

…というのはである。
これは、ハードSF的なストーリー保守的なタイトー経営に受け入れられない事を予想して作られた
プレゼンテーション用のダミーストーリーだった。
が、何故かゲーメストの雑誌記事にも紹介され、これが本来のストーリーであるかのような誤解が広まり、
挙句の果てにコンシューマ移植版の取扱説明書にもそのままこのストーリーが記載されてしまった。

True Story

西暦2042年
ネメシスがもたらした隕石によって壊滅した地球に突如現れた正体不明の侵略者「ネメシス」。
らの圧倒的テクノロジーの前に、地球軍は各地で敗退を 余儀なくされ、人類文明は滅亡の危機していた。

そんな絶望的な戦局の中、遂に科学者らによって敵の圧倒的かつ尽蔵ともいえるエネルギー
未知の間粒子「ニューアローン」(通称:ニューロン)に依ることが判明する。
これに着した軍は敵兵器システムコピーした対抗兵器の開発に着手。
ここに人類の存亡を賭けた大反撃作戦計画『プロジェクトメタルブラック』が発動されたのだった。

来たるべき「復讐の日」を信じ、必死の抵抗を試みる地球軍。
しかし、計画の最終項前にあって、突如政府と「ネメシス」との間に停戦和協定が結ばれる。

これにより、量産を控え、開発の最終段階にあった対抗兵器CF-345」実験機2機は
基地の地下深く封印、隠蔽され、『プロジェクトメタルブラック』は永久凍結されたのだった。
時は静かに流れ、妥協という名の平和の下、すべては闇に葬られようとしていた…。

そして、西暦2052年。正義の名の下に、一人の男が立ち上がった。

かつて「CF-345」のテストパイロットだったその男、ジョンフォードは、
封印されし「CF-345 <ブラックフライ>」を強奪。
全てを敵に回し、プロジェクトの最終項=「ネメシス殲滅」を実行せんと、
単身、木星上の敵本へ向かうのだった。

Outline

全6面+ボーナスステージ2面で構成される横スクロールシューティングである。
敵のアルゴリズムが非常にランダム性の高いものとなっているのが特徴。
プレイヤーは自機"CF-345<ブラックフライ>"を操り立ちはだかる全てを相手に生き残る事をす。
自機ブラックフライは画面内を一定の規則性を持って不規則に漂う粒子、"ニューロン"を取得する事で、
5段階にパワーアップする。
パワーアップレベルは常に画面下方のゲージに表示されていて、
パワーアップレベルがLv.1以上になると、ボムの代わりとなる"ビーム"を使う事が出来る。
ビームを使うと自機のパワーアップレベルビームに変換されてしまうので、
発動後は自機の強さはデフォルトされる。
ビーム発動中は敵キャラに対しては無敵だが、発動時間は自機のパワーアップレベル依存し、
デフォルトまで戻るとまた一定数ニューロンを取得しなければビームは発動できない。
そのため危険性が高い箇所に向けて自機のパワーアップレベルを溜めておくプレイが必要とされる。
特にボタンの押し間違いによるビーム誤爆はもろに生存危機につながるので注意しなければならない。

ボーナスステージパイロット視点3Dシューティングの画面構成になる。
ボーナスステージ中は自機が自機がホーミングミサイモードに移行し、且つ無敵になる事で、
自機にわり付く敵に向かって照準を合わせホーミングミサイルを発射し無双し、
制限時間内での敵殲滅をす。

Gameplay explanation

バー ・・・ 移動。
Aボタン ・・・ ショットセミオート連射となっており、押し続けると連射速度が徐々に低下する。
Bボタン ・・・ ビーム。最大パワー時は普通に押すと拡散ビーム、長押しで収束ビームを発射。

最大パワー時以外は拡散ビームを発射出来ないので注意。
パワーアップするとゲーム内のランクが上昇し、ボス耐久が上がるので、
ボス戦時はレベル3にしておくと較的楽に倒せる、Lv4が相対的に最も不利である。

ボスや一部のザコ触手や口から自機と同じようにニューロン捕食パワーアップする。
ボスニューロン捕食する順番は出現順と決まっている。
ゲームスタート時に一番最初に現れるマーカーの付いたニューロンを1ボスまで残しておくと、
1ボスはそのニューロンを一番最初に捕食する。

Beam intervention system

ボスの発射する収束ビームに自機の収束ビームをぶつけるとエネルギーボールが発生し、
連射することによってそれを敵にぶつけて大ダメージを与えられるというシステム
だが、ビーム干渉の後は自機のパワーが最弱になる、
拡散ビームボム代わりになるため使い勝手が良いというのもあって使う機会は基本的にい。

後にGダライアスボーダーダウンなどに同じようなシステム実装されている。

Music

BGM作曲編曲ZUNTATA渡部恭久 (Yack.)、
効果音は同じくZUNTATA石川勝久(ばびー)が担当。

曲名が曲転換にあわせて画面右下に表示される事も、このゲームの特色として挙げられる。
曲はそれまでのSTGとは違った繊細かつメロディアス音楽が特徴。
曲名はゲームストーリーを表すメタファーのような形になっており、
ゲームストーリーを知る上での手がかりにもなっている。

Ending Demonstration

6面をクリアするとTrueED、6面でコンティニューを拒否しゲームオーバーになるとBadEDとなる。

True End

WAS ITS PHANTASM
THE LAST ATTACKING
OR ITS LAST MOMENTS
AND WAS THIS FOR REAL
OR WAS I DREAMING
NOBODY KNOWS YET…

(訳)
最後の戦闘…それとも最後の間。
あの時見えた幻。あれは現実だったのか、
それとも夢だったのか。
もまだ知らない…。

Bad End

THE DEATH OF ONE SOLDIER CAUSED
A COUP OF THE MILITARY.
TWENTY THOUSAND MASS PRODUCED
"BLACK FLY" FLEW INTO THE SKY
AREA OF NEMESIS.

(訳)
一人の兵士の死は、軍のクーデターを引き起こした。
2万機生産されていたブラックフライは全機、
ネメシスに向かい飛び立って行った…。

Console game version

コンシューマ機にはセガサターンPS2にて移植されており、
PS2版の「タイトーメモリーズ上巻」が最も入手しやすい。
が、エミュレーションによる移植のため遅延があり、
修正された「TAITO BEST版」でもMAXビーム拡散のみしか発射出来ないというバグがある為、
更に修正された「エターナルヒッツ版」、もしくはセガサターン版が最もおすすめ。
ちなみにセガサターン版もアーケード版に細な差はあるものの、
移植度はおおむね良好である。

Respect

本作プロデューサーである仙波隆綱
元々「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」で作画監督を務めたアニメーターであり、
ダライアスII」で取り入れたハードSFアニメ的な演出要素を本作で更に追求した。
その結果、タイトーSTGの特徴ともいえる演出重視路線を確固たるものにし、
その後のダライアスシリーズレイシリーズの路線に多大な影を与えたといえるだろう。

また、本作に影を受けたSTGは数知れない。一部ながら例を上げて記載する。

Tips

関連動画

関連商品

関連項目

GOOD BYE

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「メタルブラック(タイトー)」で検索