ニコニコ大百科

ラブライバー

ラブライバーとは、「ラブライブ!ファンを表す名称。初期はラブライ部員と言う名称もあったが、今ではラブライバーでほぼ統一されている。

概要

ラブライブ!関連の公式コンテンツ内でも使われている公式付きの呼び方である。

アニメ化以前から応援していたファン古参ラブライバーと言い、アニメから入った新参ラブライバーからは敬されている。

ファンの名称だが、騒動が起きてから熱狂的すぎるファンの悪い意味としても使われる場合もある。

現在の使われ方

本来は公式認定ファンの名称なので良い意味でも使われているが、騒動が起きてからは熱心すぎて迷惑な行動をするファンの名称としても言われている場合が多い。

その理由は、イベンター(アニメ声イベントで迷惑行為を働く輩の総称)による問題行為がSNSを通じて表されてたため。ゴシップ誌「実話BUNKAタブー」やニュース番組で問題行為について特集が組まれた。もちろん作品自体の評価とは別である事を理解されたい

その一例として、むら』(劇中の穂乃果実家モデルとなったお店)に関する騒動がある。

「店を訪れたファンが、先方の制止も聞かず二階の和座席へ土足で乗り込んだり、他のお客(大体は老人)の迷惑を顧みず店内でスクフェスラブライブの楽曲をオンスピーカーでかけるといった迷惑行為をはたらいた。この騒動がSNSを通じて拡散した際、「ラブライバーむらを出禁になった」という情報が流れた。」

しかし、以上の騒動について事実とするソースは確認されていない。

事件があったとする説では後にファン側とお店側で和解したと言われており、かったとする説では店の「出入り禁止にした事もない」という発言が紹介されている。

竹むら騒動の後の大きな騒動

以上のような騒動についての留意点として、信頼に足る情報による裏付けがあるかが最も重要である。

マスメディアとしての企業運営するニュースサイトなどの「一次ソース」による裏付けのい場合、まとめサイトの記事や個人のSNSでの発言は事件があったことの明にはならず事実の誇による印操作や関係の画像を引用した捏造が可であることから、個人のメディアリテラシーによる冷静な判断を忘れてはならない。

逮捕者が出た事件

問題を起こさないために

ラブライブ!が好きなあまり、人を気にせずに騒いだり、人に暴力を振るう、物にあたるなどは絶対にやめるべきである。

同時に、ラブライバーと自称・他称されている者が全てその迷惑行為を行っていると思い込み、ひどく誹謗中傷するのも迷惑行為にあたる。ネット上で問題がある者を見つけた時は相手を刺しないよう穏やかな口調で注意、スルースキルを持ち視する、収まるまで時が流れるのを待つ、黙ってNG登録、運営削除申請の対策を取るのが賢明である。

摘は具体的かつおだやかな口調で行いましょう。
ニコニコ大百科には、誤った情報投稿されている場合があります。そのような投稿を見かけたら、「これは間違っています。正しくは~です」といったように、具体的かつおだやかに問題点を摘しましょう。「お前の意見は違う、の意見が正しい!」といったような、あいまいかつしい口調で摘を行わないようにしましょう。
正しい内容と正しい伝え方、両方がそろってはじめて相手に届く言葉となるのです。

正義感は、人を幸せにするために使いましょう。
誹謗中傷してはいけません。
たとえ、徳的・法律的に責められるべき事や人物であっても、誹謗中傷してはいけません。誹謗中傷こそ、徳的・法律的に責められるべきです。

運営からの「ニコニコ大百科を楽しく過ごすためにより

関連動画

関連項目

著名なラブライバー

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ラブライバー」で検索
急上昇ワード2018/01/21(日)17時更新
>>もっとみる