ニコニコ大百科

ワカサギ

ワカサギとは、キュウリウオキュウリウオ科のおである。とも書くがこれは当て字である。

いわゆる、氷に開けて釣るとして有名。

概要

全長10cm前後の小さな淡日本中のにいるが本来は北日本のおである。質汚染に強く、悪食で、繁殖も強い事からやたらとそこら中に放流され、定着した。ただし基本的にはやはり寒冷地を好むおである。

本来は河川で生まれてに下り、産のためにまたを遡るという、とかと同じタイプである。が、現在ではほとんどがに繋がらないに生息しており、に見たてて生息している(これを陸封という)。産期になるとそういうではが流れ込むポイントになって集まってくる。なお、ワカサギは基本的には一年寿命が一年)である。

ワカサギからに掛けてが産期で、その頃が一番釣れるし味も良い。しかもワカサギは寒冷地で元気になるである。なので必然的にワカサギ釣りは物凄く寒い中で行う。

有名なのは氷にを開けてそこから仕掛けを入れて釣る釣り方であるが、面が結氷していなければ普通にボートからやる場合もある。それ以外にもドーム船と いう、屋根の付いた船の中に仕掛けをたらすが開いているという有料釣り場もある。TVの番組でよく、吹きっしの氷の上で仕掛けを垂らしているのを見る のだが、裏磐梯であんな真似したら死にます(断言)。釣りをやるなら必ずテントを持って行くか貸し小屋を借りる事。初心者にはやはりドーム船がオスス メ。ストーブが効いているから釣れなければ寝られるし。

なお、氷上の釣りが特に有名だが、氷結しないでもワカサギは釣ることができる。から釣竿を垂らしても釣れる。漁師は網を使った漁も行っている。

氷上のワカサギ釣り

釣りの場合は長さ30cm足らずの竿と小さなリール(もしくは糸巻)を使う。これに10個くらいの針が付いた仕掛けを繋いで足元のの中に落とすのである。ちなみに、餌は「ラビ」「アカラビ」などと名付けられた小さなを使うのだが、こいつは実は蛆虫である。良く見るとキモイです。なんでラビかといえば、蛆を育てる餌がウサギラビットのだからとか。これを一つ一つ針に付けます。この時点でもう理な人は結構多い。

仕掛けの先端にはが付いており、それを底に付けるか、ギリギリ離すかの深さに落とす。そしてたまに竿をしゃくって、仕掛けを上に上げ、降ろす。そうすると餌がふわふわっとなる。その時にワカサギが喰って来る事が多い。

場所にもよるらしいが、ワカサギの喰い方は実に控えめで、良く見ていないと分からない上にちゃんと合わせないと取り逃がしてしまう。そのため、全身全霊を込めて竿先とそこから出ている糸をにらみつけ、僅かな変化に即応しなければならない。ベテランになると「ニュータイプか!」と突っ込みたくなるような超反応で合わせを入れる。

ワカサギ釣りに行った事がい人には意外なことだと思うが、ワカサギはそれ程釣れないである(まぁ、場所とポイントにもよるが)。そのため、釣れない中で集中を余儀くされる耐と根性の釣りでもある。ドーム船はお手軽なので、つい子供を連れてきてしまう人も多いのだが、ぶっちゃけ子供が飽きるのであまりオススメしない。数を釣るならやはり自分でテントを持ってきて、しかるべきポイントを自分で開けて釣るのが良い。日がよければ200匹くらい釣れる。ドーム船は日が良くても50匹くらいだろう。

食べ方

ワカサギはフライやテンプラで食べるのがおいしい。釣ったものはやはり買ったものとは一味違う。なに?蛆を餌にして釣ったんだよねって?…まぁ、気にするな

それ以外にも佃煮や甘露煮にして食べることも多い。などではワカサギ佃煮土産物としても売られている。

WAKASAGI☆

M.S.SProjectの2/8発売のアルバムM.S.S.Phantasia」に収録されている楽曲。作詞作曲ボーカルFB777。ちなみにWAKASAGIとは宇宙船のことらしい

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ワカサギ」で検索