ニコニコ大百科

三冠

加筆依頼 この項は、編集者が飽きたために内容が少ないです。
調べものなどの参考にはなりますが絶対的に内容が不足しています。加筆、訂正などをして下さる協者をめています。

三冠(さんかん)とは、あるジャンル要3部門(3賞)で、一人が(同時に)トップに立つこと。
 (同様に、二冠四冠五冠六冠七冠など、○冠という形もあるのでこの記事で説明する。)

レースそのものを○冠と呼ぶわけではなく、
あくまで複数部門の覇者が現れたときだけ、「二冠達成」「二冠王」、「三冠達成」「三冠王」、・・・という言い方をする。

Triple Crownの略語として初めに競馬で使われ、
1958年頃から野球でも「三冠王」の表現で使われるようになった。

競馬における三冠

日本では、その年の中央競馬で「クラシック三冠」の対レース皐月賞東京優駿菊花賞;いずれも3歳限定レース)を全部勝つと「三冠馬」の称号を与えられる。
これまでに、セントライト(1941)、シンザン1964)、ミスターシービー(1983)、シンボリルドルフ1984)、ナリタブライアン(1994)、ディープインパクト2005)、オルフェーヴル2011)が達成した。

また、にも三冠がある。

さらに詳しいことは、「三冠馬」の記事を参照。

野球(打撃)における三冠

今では日本人なら大抵聞いたことがある「打撃三冠王」という表現であるが、考え出したのは戦後メディアだった。

西鉄ライオンズに、中西太という往年の大打者(後年の名コーチとしての姿を知っている方も多いだろう)がいた。
彼は全盛期パ・リーグにおいて

1953

1955
1956

195

打率2位(.004差)

打率1位
打率2位.0004差)

打率1位 

本塁打1位

本塁打1位
本塁打1位

本塁打1位 

打点1位

打点2位(1点差)
打点1位

打点2位(1点差) 

という世にも美しい記録を連発していった(なお、54本塁打王57年打点王も獲得)。

それまで、大リーグでは古くから浸透していたTriple Crownという概念は日本で注されていなかった(1938年期には中島治康が達成していたにも関わらず)のだが、
こうした記録が続いたため、「中西 今年も1点差 惜しくも三重勝ならず」的な報道の注が集まった。
三重勝」「トリプル冠」などと書く社もあったが、結局「三冠王」という表現が定着した。

そして、1965年野村克也が実際に三冠王を取り、1973年1974年王貞治が取ったことにより、○冠王という言葉が日本全に定着した。

三冠王達成者

1リーグ時代

1938() 中島治康(巨人

パ・リーグ

1965 野村克也南海
1982 落合博満ロッテ
1984 ブーマー・ウェルズ阪急
1985 落合博満ロッテ
1986 落合博満ロッテ
2004 松中信彦ダイエー 

セ・リーグ

1973 王貞治巨人
1974 王貞治巨人
1985 ランディ・バース阪神
1986 ランディ・バース阪神

は「出塁率」「長打率1位OPS1位)を加えた五冠達成者。

なお、セパ両リーグの3部門トップの数字を合わせても3冠王である「仮想1リーグ3冠」は以下の3人のみ;
  38()中島 73 84ブーマー

ちなみに五冠といえば、95イチローオリックス)が「打率」「打点」「出塁率」「安打数」「盗塁数」の変則五冠。
本塁打もあと3本出ていれば三冠王盗塁王を同時に達成という、信じられないような事態が起きるところであった。

野球(投手)における○冠

投手三冠」「投手四冠」という言い方がされることは多いが、打撃ほどはっきり相場が定着していない。

2012年現在では、
 セ・リーグで「防御率」「勝数」「奪三振数」の3部門、
 パ・リーグでは「最優秀投手(13勝以上の投手のうち最高勝率)」を加えた4部門、
公式タイトルとして表しているため、これらについて三冠・四冠と呼ぶのがであろう。

なお「防御率」「勝数」「奪三振数」「勝率」「投数」「封数」「投球回数」の先発リーグ七冠を達成した投手
  38()ヴィクトル・スタルヒン  43藤本英雄  06斉藤和巳

囲碁における七冠・将棋における八冠

囲碁将棋には、各新聞社などが催するタイトル戦が毎年度ある。囲碁は7つ、将棋は8つ。
(順位選を勝ち抜くなどして決まった挑戦者が、各タイトルの保持者と対局をおこなう)

将棋での(2017年にできた王を除く)七冠独占は、1996年前半に羽生善治が保持していたのが二のことである(タイトル戦の数が少なかった時代は、升田幸三が「三冠独占」、大山康晴が「五冠独占」をそれぞれ達成している)。
なお、羽生王以外の7大タイトル全ての永世称号(各タイトルの通算or連続獲得期数が規定に達すると得られる称号)を獲得しており、前人未到の「永世七冠2017年に達成している。

囲碁では、井山裕太2013年3月棋聖を獲得し六冠を達成(同年4月十段を失冠したため五冠に後退、10月名人位を奪取し六冠に復帰)。14年に王座天元を失うが、15年には奪還して六冠復帰、16年4月には最後の十段を奪取して七冠を達成した。
なお、囲碁では棋聖名人本因坊は特に格が高く、独占者は「三冠」と呼ぶ。これまでの達成者は趙治勲井山裕太の二名。

囲碁では「七冠すべてを経験」(同時獲得でなくてよい)のことをグランドラムと呼び、趙治勲張栩井山裕太の3人が達成している。なお将棋での「七冠すべてを経験」は中原誠谷川浩司羽生善治が達成している。

サッカーにおける三冠

内のサッカーの大会を開催するのによくある形式として、「リーグ戦」「オープンカップ内全チームを対とした少試合数での大会)」「リーグカップ(上位リーグチームだけによる少試合数での大会)」と分けるというものがある。それらを同年度にすべて制覇すると三冠という。「トレブル」とも。

日本男子の場合、上記の三大会は「JリーグJ1)」天皇杯「ナビスコ杯(Jリーグカップ)」であり、Jリーグ創設以降では2000年度の鹿島アントラーズ2014年度のガンバ大阪三冠を達成している。前身の日本サッカーリーグ時代の三冠1978年度の三菱重工(現・浦和レッドダイヤモンズ)、1989年度・1990年度の日産自動車(現・横浜F・マリノス)の合計3回。

日本女子の場合、上記の三大会は「日本女子サッカーリーグなでしこリーグ)」「皇后杯」「なでしこリーグカップ」であり、2007年度に日テレ・ベレーザが、2013年度にINAC神戸レオネッサが三冠を達成している。

プロレスにおける三冠

1989年4月全日本プロレスで創設された「三冠ヘビー級王座」のことをす。

かねてから存在していたインターナショナルヘビー級王座、UNヘビー級王座の2つと、1973年に創設されていた同団体のPWFヘビー級王座を統一したもので、初代王者はジャンボ鶴田(対戦相手はスタン・ハンセン)。
統一王座だがベルトは1本ではなく3本で、現在も変わっていない。

以後、全日本プロレス徴となるタイトルとなるが、三沢光晴らが大量離脱してプロレスリング・ノアを旗揚げして以降は、新日本プロレスをはじめとして他団体(ノア含む)の選手もベルトを巻くようになっている。

文学における○冠

日本純文学世界では、芥川賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞の三賞を「三冠」と呼ぶことがある。いずれも純文学の若手作家に与えられる賞。達成者は笙野頼子鹿島希、本有希子、村田沙耶香の4名。笙野頼子2007年にその三賞受賞作をまとめた作品集『笙野頼子三冠小説集』を出版している。

大衆小説では対応する賞にそれぞれ直木賞吉川英治文学新人賞山本周五郎賞の三賞があるが、こちらは特に三冠とは呼ばれていない。なおこの三賞を制覇しているのは宮部みゆき船戸与一恩田陸の3名。

また、文学賞がたくさんある日本では、ひとつの作品が複数の文学賞を同時に受賞することを「○冠」と表現することは多い。たとえば垣根介『ワイルドソウル』は大藪賞・吉川英治文学新人賞日本推理作家協会賞を、村山由佳ダブルファンタジー』は中央論文芸賞・恋愛文学賞柴田錬三郎賞を同時に受賞し、それぞれ「三冠」と呼ばれた。誰も知らないようなマニアックな賞もカウントされることがあり、冲方丁天地明察』は本屋大賞吉川英治文学新人賞の他、北東文芸賞・舟文学賞大学読書人大賞で「五冠」と称されている。

日本ミステリー小説においては、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリベスト10」の3つのランキング全てで1位を獲ることを「三冠」と呼ぶ場合がある。達成したのは東野圭吾容疑者Xの献身』(2005年)と今村屍人荘の殺人』(2017年)。また後発の「ミステリ読みたい!」を加え、「このミス」「週刊文春」「ミス読み」の三冠米澤穂信が『満願』『王とサーカス』で2年連続達成(2014年2015年)を果たしている。この4ランキング全て1位の四冠はまだ達成されたことがない。

海外SFでは、SFファン読者投票であるヒューゴー賞、選考委員の選ぶネビュラ賞、SF雑誌「ローカス」の選ぶランキング1位を表するローカス賞の三賞を受賞することを「トリプル・クラウン」と呼ぶ。が、ヒューゴー賞とネビュラ賞にべてローカス賞の地位が若干低いため、ヒューゴー賞・ネビュラ賞の「ダブルクラウン」の方が一般的に権威のあるものとして知られており、ローカス賞はおまけみたいな扱いである。

映画における○冠

アカデミー賞ラジー賞などの映画賞では、ひとつの賞につき「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「男優賞」「女優賞」「助演男優賞」「助演女優賞」etc...と多数の部門に分かれており、ひとつの作品が同じ賞で複数の部門を受賞することを「○冠」と表現することがある。

何しろ部門が多いため、二冠三冠どころか、五冠七冠、はては10冠ぐらいまで積み上がることもある(たとえば2012年日本アカデミー賞では『八日』が10冠を達成している)。

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「三冠」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)16時更新
>>もっとみる