ニコニコ大百科

世紀末

世紀末(せいきまつ)とは、1世紀(100年を単位とする年代区分)の終わり、またはある一時代が終了する最終段階のことである。

またそこから「世も末」と混同されることがある。

概要

西暦100年ごとに1世紀と区分けされている。1世紀、2世紀、3世紀、4世紀と100年ごとに数字が増えて西暦2001年からは21世紀になる。

そこで前の世紀と次の世紀をつなぐ世紀の終わりのことを「世紀末」と呼ぶ。たとえば21世紀の世紀末2099年~2100年ごろである。

また19世紀末頃の退的な思想や、フィクション作品の設定等から、「世も末」「終末」のような意味でも使われることがあるが、世紀末は単なるの区切りが近い時期をす言葉なので、救いがたい状況を「世紀末」と表現することは間違いである。

世紀末(世も末)

元々人類には、東西を問わずノストラダムスの大予言や末法思想のように終末観があった。

またある時代が終わり王や政権が交代する時、多くの場合に前時代の王はすでに腐敗しており、移行時に多くの混乱が起こり犠牲も出ることからか、単に一時代の終わりという意味以上の退的な意味を含んでおり

「多くの築き上げてきた物が倒壊し、人々が阿鼻叫喚するような状態」

たく言えば「世も末」という意味を持つようになった。なお文学芸術で「世紀末」といえば、通常は19世紀末からの退的思潮(デカダンス)をす。

北斗の拳

少年ジャンプ並びに日本漫画を代表するマンガの一つでもある北斗の拳は199x年の核戦争によって文明が途絶え、荒した世界を舞台としており、アニメ版のタイトルは「世紀末救世主伝説北斗の拳」とされている。

この作品の大ヒットにより「世紀末」という言葉自体がこの作品のような文明と秩序が滅んで暴力による支配が横行するようになった世界す場合がある。

北斗の拳

格闘ゲームでの「世紀末」

前述の北斗の拳ゲーム化した格闘ゲーム北斗の拳」(アーケードサミー2005年12月稼動開始)で一部のキャラクタートキ)の性が高すぎるうえ、数々の即死コンボバグ技が存在するなど、格闘ゲームとしてはあまりにぶっ壊れたバランスであり(→ジョインジョイントキィ)、そのぶっ壊れ具合、特に理不尽な暴力を行使し合うルール用具合ががある意味原作世界観にマッチしていた。

そのあまりにも理不尽なゲームバランスを持つ格ゲーして「世紀末」と称する潮がいつしか出来上がってしまった。
類義には幕末月華の剣士)や16世紀末、戦国戦国BASARAX)などが挙げられる。
世紀末格ゲーの特徴を列挙。

何度読んでも「こんなゲームがやるんだよ」と摘したいところだが、高まりすぎた難易度の所為で人間のミスの要素が介在することでバランスが取れてしまうことも多々あり、その場合“スポーツアクション”というジャンルに転身することもある。(例:世紀末スポーツアクション戦国陸上
同時に、腕自慢が極限まで腕と判断を競い合うゲームとして熱ファンとしてトッププレイヤーを抱え込んでしまうこともままある。

tips.MUGENにおいて……

その後、MUGENトキ始め北斗勢が移植され、相変わらず格闘ゲームを辞めたような異常な強さを発揮したのである北斗勢がその異常な強さでほぼ原作再現どころか一部弱体化と言えるほどの性なのにそれでもまだ強いと言う有様であった為、文句が出ることもなく「世紀末なら仕方ない」と言われるようになった。
そして、北斗勢が台頭したことでそれに対抗できるGGEFZ勢、原作ボスや壊れキャラいは強化アレンジキャラなど多少悪なキャラによる格ゲー離れした戦いが楽しみ方として許容され、それをして世紀末というようになった。
その結果、格闘ゲーム及びMUGEN動画で「世紀末」とえば、格ゲー北斗の拳のように「強すぎる」「バランスがヤバイ」「10割コンボ本日の10割)」「一撃必殺」等という意味で用いられるようになった。

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「世紀末」で検索
急上昇ワード2017/12/15(金)11時更新
>>もっとみる