ニコニコ大百科

中国語

中国語(中文)とは中華人民共和国台湾シンガポールで使われている言である。マレーシアカナダなど華僑華人の多い・地域でも使用されている。

概要

方言も含めると現在までとして話される言世界一(約13億人)。

共通である普通話北京語)限定で考えても8億7000万人と話者数世界一である。世界の人口の約8人に1人が中国語とする。

インターネット上で用いられる言としても英語に次ぐ利用者数となっている (参考) 。

方言

日本人中国内で話す言の総称として「中国語」と呼ぶが、中国内は多民族国家であり方言差がしく地域によっては内で全く会話が通じないことがある。中国政府が共通としている普通話ができない人も多い。

しかし発音が違うが漢字を使えば基本的に意思疎通ができる。会話ができず困ったときはを持参し、書くのが良い。

以下、中国七大方言のうち代表的な五方言を列挙する。

普通話北京語) 
中国政府が「普通話」と称す標準
台湾中華民国)では「」、東南アジアでは「」と呼ばれる。
日本では前者を「普通話」「標準中国語」、後者を「台湾」「台湾国語」と呼称される。
話者は約8億7000万人。北京周辺で使われる。
日本人外国語学校大学で習うのは大体、この言である。
ちなみに普通話北京語を元にしてはいるが、全に同じというわけではない。
北京語の次に多く使われる言。浙江上海などで使われる。
地域によって更に上海、温習などに分かれる。 話者は約8700万人。
広東
広東香港マカオなどで使われる。
特に、中国政府の言政策の影を受けない香港ではこちらが標準となっておりの場でも使われる。
中国語彙を多く残し、また方言字(方言特有の漢字)、文末気助詞の数が最も多い。
香港マカオ旅行する日本人も多いため染み深い。話者は約8000万人。
人。広東東部、福建西部、江西南部などで使用。話者は約4500万人。
民族の客人が使用するが、近年は客離れが進み再の試みがある。
福建
福建台湾海南島東南アジア(シンガポールマレーシアタイ華僑華人)が使用。
日本語に意味、発音の近い単が多い。話者は約7000万人。
  

漢字

詳細は漢字を参照のこと。

漢字現在まで使用される中では世界最古の表意文字である。現在中国日本台湾シンガポールで使用される。

現在中国では簡体字と呼ばれる簡略化された文字流。台湾香港マカオのみ古代からの繁体字が使われている。日本常用漢字は両者の中間くらいである。「繁体字よりは簡略化されているが、簡体字ほどにまでは簡略化されていない」という程度である。(常用漢字の「従」で例えると、繁体字は「」 簡体字は「」となる。)

それ故に北京にいる中国人などから見たら日本の現行漢字の方が難しく見えるそうだ。(もんがまえ((門:8画))は门:3画となる。ただし常用漢字の「(10画)」は簡体字だと「樱(15画・繁体字の「」に近い)」となるので、必ずしも簡体字常用漢字より字数が少なくなるというわけではない。 )

ピンイン・発音

アルファベット圏の人などに向けて普通の発音をラテン文字で表した文字、ピンイン(拼音)がある。(ただし普通話限定)

普通話には四と呼ばれる発音の区別がありそれぞれの調は陰(第一)、陽(第二)、上(第三)、去(第四)といわれる。それによりピンインも「ā」「á」「ǎ」「à」と表記が変わる。特殊文字を出せない環境下では、「a1」「a2」「a3」「a4」のように表記することもある。

たとえば「媽麻罵(を叱る)」はカタカナ表記させれば「マーマーマーマー」になるがそれぞれ四の発音が違う。(実際の発音は、「Mā má mǎ mà」)

これはあくまで普通話の例であり、とある方言だと大きく九種類に発音が変化する。

なので日本人メロディー中国語を聞いたりすると意味がわからなくなる場合もある。

ピンインは一見すれば発音記号よりも分かりやすく、便利なように見えるが、実際にはピンイン独自のルールがあり、「そのまま読めばちゃんとした発音が出来る」というものではない。「書いてあるが発音しない」、「発音する音の字が省略されている」、「ヨーロッパなどとアルファベットの発音が違う(巻舌音など)」、「ピンインについている調符号と実際の発音時の調が違う」など、実際はかなり複雑であり、中国語学習者でも間違えるのはしくない。
中国語を学習し始めるときは、ピンイン読み方を覚えることから始めるのが望ましい。

ピンインは本来は中国本土でのみ使用されているものであるが、パソコンで設定を変えれば、繁体字中国語をピンインで入することも出来る。設定の仕方はWindowsバージョンによってかなり違うため、ネット検索願いたい。Vista以降のOSなら、IMEの設定で即入できるが、XP以前の場合、言パックのインストールCD-ROMが必要。

なお台湾では「注音符号(ボポモフォ)」がピンインよりも用いられている。詳しくは当該記事を参照。

有気音・無気音

p/b、t/d、k/gなどの区別については、日本語英語音・有音(帯振動音の有)で行っているのに対して、中国語では有気音・気音(発音時の気息音の有)で行う。pであれば発音時に鋭い息の音が聞こえ、bだと聞こえない。p, t, kなど、英語で言う音に相当するアルファベットを発音する際は、意図的に息の音を出すようにしないと、音であってもb, d, gに聞き取られてしまうこともあるため注意が必要である。また、中国語話者が発音するb, d, gを(音であっても)p, t, kに誤解することのないよう、聞く際に慣れが必要である。

文法

基本は英語と同じくSVO型であるが一部では的格助詞(日本語の「が」に該当する)の文字を付け加えることでSOVの文章にすることが可である。

簡単な例としては日本人英:I am Japanese.)などがある。

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「中国語」で検索
急上昇ワード2017/12/15(金)17時更新
>>もっとみる