ニコニコ大百科

とは、平仮名片仮名のもとになった漢字である。人名によく使われる。

漢字として

Unicode
U+4E43
JIS X 0213
1-39-21
部首
丿部
画数
2画
意味
順接、逆接などの接続詞として用いる。すなわち、これ、そこで、しかるに、かえって、さきに、もし。
また二人称、とくに所有格に用いる。なんじの。一人称にも用いる。それがし。三人称にも用いる。かの、このような。
説文解字〕の本字は𠄎で、〔説文・巻五〕に「詞のくことの難きなり」とあり、言葉がすらすら出て来づらいこととある。は隷書体とある。
字形
説文〕は「の出だし難きにるなり」とあり、気が出てきにくいところの形とする。
白川静はの弦を外したところの形とし、緩やか、順次という意味があるとし、順次の意を副詞的に用いて接続詞として使うのだという。
音訓
読みダイ音)、ナイ(音)、訓読みは、すなわち、なんじ、さきに、もし、の。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。
1951年に人名用漢字に採用された。
部首
は〔説文解字〕で部首である。ほかに𠧟、𠧴を収める。
符とする漢字には、仍、扔、、㭁、、䚮、などがある。
参考
書体が平仮名のもとになり、最初の払いが片仮名のもとになった。
往・翁・今・至・者・

異体字

𢎧
Unicode
U+223A7
部首
画数
5画
𠄕
Unicode
U+20115
部首
亅部
画数
6画
𠄎
Unicode
U+2010E
部首
亅部
画数
2画
𠧤
Unicode
U+209E4
部首
画数
8画
𢏩
Unicode
U+223E9
部首
画数
10画
𠚝
Unicode
U+2069D
部首
凵部
画数
16画
𢎗
Unicode
U+22397
部首
画数
3画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「乃」で検索
急上昇ワード2017/12/15(金)17時更新
>>もっとみる