ニコニコ大百科

五行説

五行説とは、古代中国時代より存在する考え方である。

概要

五行学説と言う場合もある。これは「宇宙間のすべての事物はすべて木・火・土・という5種類の物質の運動と変化によって生成する」という考え方である。

この「木・火・土・」の間には「相互に生み出し、相互に制約する」という関係があり、それを相生(そうしょう)関係・相(そうこく)関係と言う。

春秋戦国時代に陰陽論と一体で扱われるようになり、陰陽五行説となり現在に至っている。(参考:十干)

相生

相剋

主な五行

五臓 五季 五方 五色 五志 五音

(心包)

(土用)
中央
西

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「五行説」で検索