ニコニコ大百科

とは以下のことを表す。

漢字として

Unicode
U+4ECF
JIS X 0213
1-42-9
部首
亻部
画数
4画
読み(常用)
ブツ
訓読み(常用)
ほとけ
Unicode
U+4F5B
JIS X 0213
1-48-39
部首
亻部
画数
7画

旧字体で〔説文解字〕の本字も。新字体のの字は、古文である。

意味
  1. はっきりと見えない、似通う、ブッダ、仏教
  2. と通じて)もとる、逆らう
  3. 大きい、(弼と通じて)助ける
  4. (勃と通じて)起きる、
説文解字・巻八〕には「見ること審(つまび)らかならざるなり」とある。仿という熟がある(今では彷彿や髣髴の方がよく使われる)。
仏教の伝来と共にブッダの音訳にが宛てられ、ブッダ、仏教の意味を持つようになった。日本では、フランスさま(死者)という意味でも使われる。
字形
符は
音訓
読みは、1.の場合、フツ(音)、ブツ(音)、2.の場合、フツ(音)、3.の場合、ヒツ(音)、4.の場合、ホツ(音)、ボツ(音)。訓読みは、ほとけ、ほのか。名のりに、さとる、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校5年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
仏教子・式・仏舎利書・像・仏壇典・殿法・法僧・仏蘭西

異体字

𠏹
Unicode
U+203F9
JIS X 0213
2-3-2
部首
亻部
画数
16画
𠇛
Unicode
U+201DB
部首
亻部
画数
7画
𠑵
Unicode
U+20475
部首
亻部
画数
29画
𦤲
Unicode
U+26932
部首
自部
画数
26画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「仏」で検索