ニコニコ大百科

とは、漢字である。それ以上でもそれ以下でもない

漢字として

Unicode
U+4EE5
JIS X 0213
1-16-42
部首
人部
画数
5画
読み(常用)
訓読み(常用)
-
Unicode
U+382F
JIS X 0213
2-8-79
部首
己部
画数
5画
𠙋
Unicode
U+2064B
部首
画数
8画
意味
多くの意味がある。
  • 時間、場所の起点を表す。~より
  • 率いる
  • ・庸と通じて)~を用いて、~をもって
  • に通じて)~のために
  • ・謂と通じて)思う、おもんみるに
  • と通じて)~と、ともに
  • と通じて)やむ
  • と通じて)すでに、はなはだ、のみ
  • ゆえに
説文解字・巻十四〕に「用ひるなり」とある。
字形
諸説ある。
以・は、と同じ字を起とする字である。その起となった字については、人が物を携えるところの形(の略体)説、と似ていることから耜の形説などがある。文では率いる意味で使われる。
説文〕は「反ふ」とある。つまり反転させた字としている。また賈中の説として「意、なり。形」と、薏苡という植物の実の形説を紹介している。
音訓
読みは、イ(音、音)、訓読みは、もって、おもう、ともに、ひきいる、ゆえ。名のりに、これ・さね・しげ、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校4年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。
1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
以()を符とする漢字には、)、姒、苡(苢)などがある。
以為・以遠・以往・以下・以外・以還・以後・以降・以上・以心伝心・以西・以前・以東・以内・以南・以聞・以北・以来

異体字

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「以」で検索