ニコニコ大百科

とは、男の兄弟のうち、年上のほうをす言葉である。転じて、年上の人や若い男性す言葉としても使われる。

基本的には年上であるが故にいろいろなことを知っていて、行動もあり、非常に頼りになるため、憧れの対すなわち萌え要素のひとつでもあるが、その呼び方により若干意味が異なってくる。

詳しくは、お兄ちゃんお兄さん兄さん兄貴辺りを参照いただきたい。

著名な兄の一覧

お兄ちゃんの一覧を参照。

呼び方

人名

漢字として

Unicode
U+5144
JIS X 0213
1-23-27
部首
画数
5画
意味
あに、長、年長者、親しい同輩への敬称、優れた、先生、という意味がある。 〔説文解字・巻八〕には「長なり」とある。
また況と通じて、ますます、という意味がある。
字形
の会意。会意の意味については諸説あるが、甲文ではは同輩への呼称として使われ、長幼の別がないこともあり、意味するところは明らかではない。
白川静は、口は祝器で、は祝祷を取り仕切る人という字であり、事をるのが長としている。
音訓
音はケイ、音はキョウ訓読みは、あに、せ(古)、え(古)。名のりに、もり、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。 JIS X 0213第一準。
部首
は〔説文〕で部首である。ほかに𠓆が収められている。現在部に属する。
1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
符・意符
符とする漢字に怳、況、貺などがある。を構成要素とする会意字に呪、などがある。
事・嫂・兄弟兄妹

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「兄」で検索