ニコニコ大百科

とは、書物を数えるときの助数詞である。

漢字として

Unicode
U+518A
JIS X 0213
1-26-93
部首
冂部
画数
5画
読み(常用)
サツ・サク
訓読み(常用)
-
Unicode
U+518C
JIS X 0213
1-49-38
部首
冂部
画数
6画
意味
旧字は
柵、書物、勅書、はかりごと、という意味がある。〔説文解字〕の本字は𠕋で、〔説文・巻二〕に「符命なり。諸矦、進んで王より受くるもなり」とあり、天子からの詔勅のこととある。この勅書の意味ではのちにを用いるようになる。
筴、策と通用する。
字形
柵の形。その中に犠牲とする獣を入れた。文には中に獣を書いた形のものもある。また二つのが相対し両のような形のものもある。柵の初文。
説文〕には「其の札の一長一短、中に二編有るの形にる」とあり、編簡の形とある。ただ編簡の場合、一長一短があるのは不自然である。
音訓
読みはサク(音)、サツ(慣用音)、訓読みは、ふみ、かきもの。名のりに、とみ、などがある。
規格・区分
冊は常用漢字で、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
は第二準。
部首
冊は、〔説文解字〕で部首である。〔説文〕はほかに嗣、を収める。
冊を符とする漢字には、柵、𣆑などがある。
冊封・冊子・冊立

異体字

𠕋
Unicode
U+2054B
部首
冂部
画数
6画
𥬰
Unicode
U+25B30
部首
画数
12画
𠕁
Unicode
U+20541
部首
冂部
画数
5画
Unicode
U+7B27
JIS X 0213
2-83-34
JIS X 0212
49-87
部首
画数
11画
𠕐
Unicode
U+20550
部首
冂部
画数
7画
𥮫
Unicode
U+25BAB
部首
画数
14画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「冊」で検索