ニコニコ大百科

前田

前田
読み
まえだ
森岡ランキング
29位
村山ランキング
29位
第一生命ランキング
30
佐久間ランキング
51

前田(まえだ、まえた)とは、日本苗字、地名である。多くは「手前にある田んぼ」をす。

苗字としては多くが地形から来たものと思われる。日本各地で見られるが、どちらかといえば西日本に多くなっている。福井県兵庫県和歌山県鳥取県長崎県熊本県苗字軒数ベスト10入り。富山県三重県大阪府高知県佐賀県ではベスト20入り。人口では鳥取県、実数では兵庫県で最多となっている。青森県を除く東北地方から北関東にかけてでは較的少ない。

また、沖縄県でも多く見られる。琉球読みは「メーダ」。大宜味村・武町でベスト10入り。

加賀前田氏が著名。もとは尾荒子(現・愛知県名古屋市付近)の土であったが、前田以前のことはほとんど不詳である。美濃国の出で菅原氏族というが、信憑性はい。ちなみに前田氏家紋の鉢紋は菅原氏族に好まれたものである。

前田利家織田信長に仕えたことから盛を誇り、江戸時代には利の子の前田利長加賀となった。加賀能登越中の3を領し、総石高120万石近くの大大名となったのである。3代加賀前田利常の時に越中富山加賀大聖と2つの分を出し、加賀の石高は約100万となった。これが名高い"加賀百万石"の由縁である。また、上野七日前田氏も分である。

明治維新後は加賀侯爵富山伯爵大聖・七日子爵となった。

戦国武将にはもう一つ前田氏があった。豊臣秀吉に仕えた前田玄以が著名。藤原斎藤氏の一族という。美濃国安八前田(現・岐阜県安八神戸前田)発祥というが菅原前田氏と混同する系譜もあり、こちらも詳しいことはよくわからない。玄以は丹波亀山となるが、後継者の前田茂勝の代で丹波八上に転封され、のちに易となってしまった。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

武家前田氏

架空のキャラクター

地名

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「前田」で検索
急上昇ワード2018/02/24(土)05時更新
一覧を見る