ニコニコ大百科

とは、数字の1000を表す数字である。また以下のことを表す。

人名

漢字として

Unicode
U+5343
JIS X 0213
1-32-73
部首
十部
画数
3画
読み(常用)
セン
訓読み(常用)
意味・字形
1000、たくさんの。
字形
の合文。古くは1000を表すと人は同じだったようで、1000を人で表した。千は1000が1つ分という意味の字である。甲文ではほかにも二千、三千を表す、人+二、人+三という字も使われている。
説文解字・巻三〕には「十なり。ひ人にふ」とあり会意とするが、十と人でなぜ千なのかは書いていない。ほかに人を符とした形字という説がある。
音訓
読みはセン(音、音)、訓読みは、ち。名のりに、かず、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
千を符とする漢字には、、谸、汘、(年の古文+人の会意説もある)などがある。
意符
千をもとにSI接頭辞キロのついた単位を表す字が作られている(、竏、瓩)。
千億・千客万来・千・千軍万馬・千言万・千古・千石・千古不易・千載一遇・千差万別・千山万・千思万考・千・千姿万態・千手観音・千秋万歳・千秋楽・千乗万騎・千変万化・千里千里眼
参考
片仮名の字形のもととなった。

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「千」で検索
急上昇ワード2017/12/16(土)16時更新
>>もっとみる