mainmenu

globalmenu

    南極単語

    ナンキョク

    掲示板をみる(23)

    2

    南極とは、めちゃくちゃ寒い場所である。北極よりもだいぶ寒い。

    概要

    南の果て。南極大陸というでっかい大陸がある氷山地帯。南極条約により、南緯60度以南の領有権凍結されており、実質どこのの領土でもい。

    寒い時は内陸部ではマイナス50度をえる極寒の地だが、部にはこんな場所にも生物は生息している。有名なのはペンギンで、アデリーペンギンコウテイペンギンなど、8種類のペンギンが生息している。他、にはクジラ仲間アザラシ、オットセイなどの哺乳類が生息しており、それらの生物の重要な餌となっているのが、ナンキョクオキアミである。

    南極大陸にたどり着くには「える40度、狂う50度、叫ぶ60度」と呼ばれる荒れるを越えることになる。 現在地学生物学研究のための基地が設けられている一方、南極条約により資の採掘は行われていない。後述するタロとジロの話はよく知られているが、現在南極生物へ感染症を広めないようにするためなどの動物南極へは持ち込み禁止になっている。南半球冬至(北半球では至)には各基地では士気の維持も兼ねてミッドウィンター祭というお祭り騒ぎが行われる。

    南極点

    アムンゼン隊、スコット隊が相次いで到達し、現在アメリカのアムンゼン・スコット基地がある。

    南磁極

    南極点とは一致しない。現在南極大陸外、オーストラリア側にある。

    到達困難極

    南極大陸でどのからも最も離れている地点。ソ連の探検隊が到達済みで、現在ロシアのヴォストーク基地がある。

    昭和基地

    オングルにある日本の基地。郵便局(昭和基地内郵便局)もある。

    第1次の越から帰還する際にどうしてもを全て連れ帰る余裕がなく、隊員達は泣く泣くを15匹置き去りにしたためしく非難された。再び昭和基地へ行くとタロとジロが生存しているのが見つかり思わぬ吉報となった(逆に言えば他の13匹は死亡行方不明)※。

    オゾンホールを最初に発見したのは日本隊である。実は他機関オゾンの低下を観測していたのだが、観測ミスと思い込んで深入りしていなかったのだった。 日本の観測隊は隕石大陸氷の動き・氷下地形によって集まりやすい場所を押さえているため隕石の発見量が多い。 基地には超伝導重力計とかいう大層なもんまであったりする。 南磁極から近すぎず遠すぎず程よく離れているためオーロラ観測も行われている。

    ※タロとジロにまつわる不思議な話
    これより前、南極へ置いていった達の慰霊式の際、の世話をしていた菊池徹は一匹一匹の名を挙げたが、なぜかどうしても2匹の名前だけ思い出せず「安らかに眠れ」として済ませた。その2匹はタロとジロだったという。

    他の南極基地

    日本の歴代南極観測船

    太字は個別記事あり。

    南極関係者

    関連動画

    南極を舞台にした作品

    関連商品

    関連項目

    掲示板

    急上昇ワード

    最終更新:2018/06/21(木) 04:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/06/21(木) 04:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP