mainmenu

globalmenu

    南極観測船ふじ単語

    ナンキョクカンソクセンフジ

    掲示板をみる(2)

    0

    南極観測船ふじとは、日本南極観測船である。

    概要

    南極観測船ふじ
    Logo

    昭和39年より製作が始まり、翌年の7月15日完成した日本の二代南極観測船である。艦名は日本徴である「富士山」から名づけられた。

    船の最大定員数は245名。連続砕氷可厚さは80cm、最大砕氷は6m。装備として貨物の積み下ろし用クレーンが4基、ヘリコプター格納庫、甲がある。格納庫にはヘリコプターが3機搭載されている。

    昭和40年1965年)から昭和58年1983年)までの間に計18回の南極観測業務に従事し、昭和59年1984年4月11日に退役した。退役後は名古屋港の「名古屋港ガーデンふ頭」に係留され、南極博物館として現在は一般開されている。

    アクセス

    関連動画

    関連商品

    関連コミュニティ

    関連項目

    掲示板

      • 1ななしのよっしん

        2016/04/11(月) 18:11:46 ID: /i1glE7pL1

         記事作成お疲れさまです。確かこの船は進水式の際、当時は皇太子妃だった美智子様が縄をったのでしたね。

      • 2ななしのよっしん

        2018/05/04(金) 17:54:08 ID: mUxwt1Zdeh

        GW利用していってきました。
        基本的な部分は宗谷の後継でも、本質的にしらせのと言える船でしたね。戦前戦後であれだけ船の設計が変わるのかと驚きました。

    急上昇ワード

    最終更新:2018/05/22(火) 18:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/05/22(火) 18:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP