ニコニコ大百科

南極観測船ふじ

南極観測船ふじとは、日本南極観測船である。

概要

南極観測船ふじ
Logo

昭和39年より製作が始まり、翌年の7月15日完成した日本の二代南極観測船である。艦名は日本徴である「富士山」から名づけられた。

船の最大定員数は245名。連続砕氷可厚さは80cm、最大砕氷は6m。装備として貨物の積み下ろし用クレーンが4基、ヘリコプター格納庫、甲がある。格納庫にはヘリコプターが3機搭載されている。

昭和40年1965年)から昭和58年1983年)までの間に計18回の南極観測業務に従事し、昭和59年1984年4月11日に退役した。退役後は名古屋港の「名古屋港ガーデンふ頭」に係留され、南極博物館として現在は一般開されている。

アクセス

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事について

ツイート

「南極観測船ふじ」で検索