ニコニコ大百科

国土交通省

国土交通省とは、日本政府を構成する「」のひとつ、日本政府の交通、建築土保全行政を担当する政府組織である。
英文での表示はMLITMinistry of Land, Infrastructure, Tranasport and Tourism)
一般的に国交省と略される事が多い。

記事の正確性をめる方は入省するか、Wikipediaをご参照下さい。

概要

国土交通省とは日本国の政府部門における全ての(軍事以外の)交通行政、および建築土保全を担当するである。
中央庁再編により、建設省運輸省北海道開発庁国土庁を統合して生まれた。
道路関係、および鉄道関係を趣味にするものであれば一度はにすることのあるであろう官庁である。
庁再編にあたってマンモス庁の誕生とも言われた。
世間一般的に言われる建設を伴う共事業は国土交通省、もしくは農林水産省おこなっているという印をもたれるが大筋ではあっているといえる。
また旧内務土局、および運輸通信の通信院に大きな由来を持つこと、地方に対しての行政監督も多いという側面から総務省との関係も深いという一面がある。

歴史

運輸省

元々存在した運輸通信の通信院、つまり通信、郵便関連の行政を分離したことで生まれた。
その後、鉄道の管理運営事務国鉄に分離、実務から離れ監督にかわる。
参考までだが国鉄との関係はどちらが上という単純なものではなく、状況によっては国鉄の決定に運輸省が後追いさせられることもあったとされる。
興味のある方は日本鉄道建設公団国鉄と闘争を調べてみることを薦める。

建設省

戦後、内務土局が分離独立し建設院となり翌年に建設省名した。
都市計画や土の保全、下水道整備、道路建築物など土保全の全般を扱うだった。
また他の較しても技官の影異常に強く、しばしば技官出身者が事務次官に就任しているという点が特徴的であった。

北海道開発庁

総理府の外局として北海道の開発を担ってきた。
なお、この組織を設立したのは社民党である。

国土庁

田中角栄の列改造ブームに対応して作られた土総合開発本部を前身とする。
土利用に関する総合行政を担当していた。
かつては防災行政おこなっていたが庁再編に当たって内閣府に移管されている。

中央省庁再編以降

内の土木建築交通を一元的に扱うとなった現在、長い間相容れなかった運輸省建設省の垣根(二重行政)を取り払う試みが幾つかおこなわれている。
そのうちの一つがDMVへの支援である。詳細はDMVの記事を参照のこと。
それとは別に本来きめ細かく対応すべき案件において、お役所仕事とも言うべき一規制を行ってしまっている例も見受けられる。
以下はその事例の一部である。

建築基準法

姉歯事件をうけ建築基準法を正した。
しかしどのような規制を強化するのか、どのような手続きを踏むのかも決めず、正を行った結果、業界は混乱建築価格が乱高下したとされる。正したのは政治であるが法案を提示したのは国土交通省である。

シェアハウス規制

脱法ハウス規制として住宅を共有する全ての案件において一に寄宿舎基準を適用することとした。
このことにより年収の低い若年層のルーシェアなどにも障が発生する事が懸念されている。

担当業務

所管している外局・下部組織

所管する特殊法人

所管する公営競技

特別会計

関連動画

関連商品

関連項目・リンク

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「国土交通省」で検索