ニコニコ大百科

坂本龍一

ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

坂本龍一

坂本龍一(さかもとりゅういち)とは、日本を代表する作曲演奏である。

概要

東京藝術大学大学院卒業したことから、「教授」の称で親しまれている。

前衛音楽からポップスまで幅広い分野で活躍し、1970年代から常に第一線を走り続けてきた。

特に80年代における彼のカリスマぶりはすさまじく、ミュージシャンのみならず俳優タレントラジオパーソナリティーとしても大活躍し、時代の寵児となった。

現在ニューヨーク在住。
1990年代以降は地雷運動やロハス運動PSE法反対運動など、政治的な活動を行うことが多い。

略歴

1952年1月17日東京都生まれ。幼少時からピアノを始め、幼稚園の頃にはすでに作曲を始めていたという。

東京都新宿高等学校在学時には、高校闘争を導し、級友の崎恭久(元官房長官・現厚生労働大臣)らと校長室を占拠するなどして、制服止などをす。「大を解体する」と言い残し、東京藝術大学入学

東京藝術大学音楽学部作曲科を経て同大学院の音研究科修士課程に進む。この時期に飲み屋(新宿ゴールデン)で知り合ったというミュージシャンの友部正人の「もぼくの絵を描けないだろう」にピアノで参加し、スタジオミュージシャンとしてのキャリアスタートさせる。その後、山下達郎大瀧詠一大貫妙子など多くの作品に参加、サーカスの「アメリカン・フィーリング」の編曲日本レコード大賞編曲賞を受賞している。この曲のB面に収録の、鉄オタには知名度の高い「ホームタウン急行」(ドラマ鉄道公安官」題歌)も坂本編曲である。

1978年細野晴臣アルバム「はらいそ」に参加。その後、細野氏の誘いで高橋幸宏とともにイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成。同年10月には初のソロアルバム千のナイフ」をリリース

1983年YMO散開。大島監督映画戦場のメリークリスマス」に俳優および音楽でも参加。同作がカンヌ国際映画祭に出品された際、カンヌにて映画監督ルナルド・ベルトルッチと出会う。

1987年、山賀博之監督GAINAX製作アニメ映画王立宇宙軍~オネアミスの翼~」の音楽に参加。
同年、ベルナルド・ベルトルッチ監督映画ラストエンペラー」に俳優および音楽で参加。音楽は高い評価を受け、翌1988年ゴールデングローブ賞・アカデミー賞作曲賞を受賞する。これを期に世界坂本というあだ名でも呼ばれるようになる。

1992年バルセロナオリンピックの開会式のマスゲーム音楽「El Mar Mediterrani」を作曲し、揮も行った。(同曲はその後アレンジが加えられCD化されている)

1993年、「再生」と称し期間限定でYMOを復活。アルバムテクノドン」をリリースし、東京ドームにてライブも行った。

1995年ダウンタウン音楽ユニットゲイシャガールズ(GEISHA GIRLS)」をプロデュースした。

1998年セガから発売された家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」の起動音を制作。しかし、ドリームキャストは僅か3年で生産中止となってしまった。

1999年シングル「ウラBTTBリリース。このシングルの中に収録された「Energy Flow」が坂本龍一本人出演の栄養ドリンクリゲイン」のTVCMに起用されたことから爆発的人気を呼び、インストゥルメンタル曲として初のオリコンチャート1位を達成ミリオンセラーにもなった。

2001年TBSの「地雷ZEROプロジェクトに参加し、自ら作曲した「ZERO LANDMINE」を多くのミュージシャンと共に演奏した。同曲はN.M.L(No More Landimine)名義でCDリリースされた。同年にはボサノバトリオMorelembaum2/Sakamoto」を結成。翌年にはこうした活動や自身の音楽ボサノバを取り入れてきたことなどが評価され、日本ブラジルの友好化に寄与したとしてブラジル政府から国家勲章を授与されている。

2003年六本木ヒルズのテーマソング「the land song-music for Artelligent City」を作曲

2007年YMOメンバーが再び集結し、キリンビールCMに出演。CMで使われた曲「RYDEEN 79/07」は配信限定でリリースされた。その後もHASYMO名義で断続的に活動。

2014年7月、中咽頭であることを表。療養に専念するため、コンサートなどの活動を中止することを発表。

2015年8月映画と暮せば」の音楽仕事復帰した。

関連情報

関連動画

関連生放送

関連商品

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「坂本龍一」で検索