ニコニコ大百科

とは、(抽的な)何かについて、その(抽的な)輪の種類を意味する概念である。

様々な型

例えば、お菓子や工業製品を作るというのは、その物体の原となる輪である。

テレビや用などの大きさを表すというのは、それについて決められた形についての大きさである。

武術や演舞におけるというのは、その動作における定である。

プログラミングにおけるというのは、記憶域におけるデータ構造も意味する。

血液におけるというのは、血液型の記事を参照。

以上のように、様々な意味を持つ。

プログラミング言語における型

プログラミング言語におけるType)とは、値を種類に応じて分類する文法上の手法である。

型の役割

エラーの検出

を使うことで、い段階でエラーを検出できる。

抽象化

モジュールインターフェイスを表わすために使われる。

特に、インターフェイスを通してのみ操作可を、抽データ (Abstract Data Type, ADT)と呼ぶ。
形式的には、ADTとそのの値に対する操作の集合のペアで定義される。
ある値に対する決めらた以外の操作は、システムによって禁止されている。

データを初めてサポートした言CLUであり、その後 AdaC++Haskellなど、多くのプログラミング言語サポートするようになった。

ドキュメント

プログラムを読む時に、理解を助ける。

言語の安全性

は、システムによって、プログラムの安全性を保するために使われる。

システムとは、を利用してプログラムにある種の振舞が存在しないことを明するための、形式手法である。
安全であるとは、言が言自身の抽化を守るものをいう。

Java は、静的(コンパイル時)に安全性がチェックされる。
例えば、non-existent method invocation が起らないかを確認し、コンパイルに通れば実行中には起らないことを保障する。
もし、non-existent method invocation が起る可性があれば、コンパイルエラーによってプログラマに知らせる

Python は、安全であるが、動的(実行時)に安全性がチェックされる。

C言語のように、システムによって安全性が保障されていない(unsafe)言も存在する。
このような言では、たとえコンパイルに通ったとしても、segmentation violation など、プログラミング言語が規定していない挙動がありうる。

安全性とチェックタイミングをまとめると、以下の表になる。

statically checked dynamically checked
safe Haskell, Java, etc. Scheme, Python, etc.
unsafe C, C++, etc.

効率

最初のシステムは、実数と整数を区別して数値計算を効率化するために導入された。

安全な言では、実行時のチェックくことで高速化するものもある。

参考文献

漢字として

Unicode
U+578B
JIS X 0213
1-23-31
部首
土部
画数
9画
読み(常用)
ケイ
訓読み(常用)
かた
Unicode
U+5753
部首
土部
画数
7画
𡌑
Unicode
U+21311
部首
土部
画数
10画
𡌒
Unicode
U+21312
部首
土部
画数
10画
型
Unicode
U+2F855
部首
土部
画数
11画
意味
、基準となる形、手本、規範、という意味がある。日本語では、武道や芸事における定まった一定の様式、大まかなサイズ・種類の分別、という意味がある。
説文解字・巻十三〕には「器を鑄るの法なり」とあり、鋳のこととある。〔段注〕によると木によるものがによるものが笵で、土によるものがだという。
字形
符は𠛬(刑)。
音訓
読みは、ケイ(音)、訓読みは、かた。
規格・区分
常用漢字であり、小学校4年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
号・鋼・砂・材・

異体字

互換文字

関連動画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「型」で検索