ニコニコ大百科

(つつみ)とは、からが溢れ出ないようにに土を高く築いた土手。防のこと。また、ため池のこと。

転じて日本の地名、苗字となる。苗字としては九州地方に多く分布し、特に福岡県佐賀県に集中している。

漢字として

Unicode
U+5824
JIS X 0213
1-36-73
部首
土部
画数
12画
読み(常用)
テイ
訓読み(常用)
つつみ
Unicode
U+57DE
JIS X 0213
2-4-86
JIS X 0212
23-77
部首
土部
画数
11画
𡐾
Unicode
U+2143E
部首
扌部
画数
15画
意味
土手、防、滞る、という意味がある。〔説文解字・巻十三〕には「滯るなり」とある。
字形
符は。是はっ直ぐ横に伸びる意を持つとする説がある。つまり、土で出来たっ直ぐ横に伸びた防のこと。
音訓
読みはテイ(音)、タイ音)。封というの場合、シと読む(音)。訓読みは、つつみ(常用訓)、とどこおる。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。
1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
塘・封・

異体字

人名

実在の人物

架空の人物

地名

日本各地に存在する。

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「堤」で検索