ニコニコ大百科

tower=タワー)とは、縦に長く造られた建造物である。

概要

設置面積が小さく、またそれに反して高度がとても高い建造物。
尚且つ、人が出入りする事を前提に造られる建物であるため、ただ単に「細長く聳え立つ建物」はには入らない。
(例:煙突など)

建造される的についても様々で、に以下の通りに分けられる。

  1. 宗教
    を始めとする々ではもともと、は地上と上を繋ぐ建造物であるとされ、同時にが地上にて住まう場所であり、尚且つ死者が上へ帰る際に通る場所として認識されていた。なので、地上と上を繋ぐ徴・モニュメントとしてが建てられる事も。
  2. 監視
    軍事的でが造られたケースも多い。具体的には、の一部にを設けて遠方を監視するため、など。現代では空港の官制が該当するか。
  3. 情報伝達、及び搬送
    キリスト教などの教会に付けられている鐘は、宗教的モニュメントの役割を果たすと同時に鐘を鳴らして祈祷などの時間を知らせるための役割も併せ持っていた。現代では時計電波などがあり、いずれも広域に情報を知らせるために軒並み高いであるのはご存知の通り。
    また、電線を送るための鉄塔や、生活を供給するための貯なども存在。
  4. モニュメント
    先述の1~3の意味と合わせて該当するケースもちょくちょくあるが、恐らく現代ではこれが最も多いと思われる。宗教における徴としてのだったり、何かの記念としてのであるなど。日本で有名なといえば日本人で恐らく知らない者はいないであろう東京タワー」及び、現在建造中の「東京スカイツリー」、大阪府に建てられた「太陽の塔」が有名か。また山形県を始めとして日本各地に存在する「五重」なども。

タロットカード

タロットカードの、大アルカナの1枚に「」のカードがある。カード番号は「16」。
上からの落によって崩れるの絵が描かれたカード。詳細は「タロット」を参照。

その他

塔の一覧

(下記以外にも、大百科記事の有りしを問わず、お気軽にじゃんじゃん追加していって下さい)

実在する塔

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

 

や行

ら、わ行

 

架空の塔

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

 

や行

ら、わ行

漢字として

Unicode
U+5854
JIS X 0213
1-37-67
部首
土部
画数
12画
読み(常用)
トウ
訓読み(常用)
-
Unicode
U+364A
JIS X 0212
24-38
部首
土部
画数
14画
𨰏
Unicode
U+28C0F
部首
画数
26画
𩫊
Unicode
U+29ACA
部首
高部
画数
15画
意味
を納めるための高い層状の建物、、高層の堂、卒婆、のような高い建物、物の落ちる音、という意味がある。〔説文解字・巻十三・新附〕には「西域の浮屠なり」とある。ストゥーパ(卒婆)の音訳のために作られた字。
字形
符は
音訓
読みは、トウ(音、音)。
規格・区分
常用用漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
頭・婆・

異体字

関連動画

関連商品

関連項目

この記事について

ツイート

「塔」で検索