ニコニコ大百科

墨

とは、以下のことを表す。

人名

概要

文字を書いたりや絵画を描く時に使われる。
先の硬い鉛筆とは逆に、筆を使って書くので毛筆と呼ばれる。

小学校では習字の授業や書き初めが行われているため、 日本で育つと何度かは必ず触れているものである。

そのたびに手がになり、大量の古新聞紙が捨てられる。
筆を洗うためにバケツを用意することもあるが、それももちろんである。

お正月などの罰ゲームの定番として顔に落書きをすることがある。

習字の時、先生は大抵添削用に(朱)を持っている。
硫黄水銀を反応させた硫化水銀を原料として通常黒色を出している煤(すす)の代わりに使用している。

固形と液体

は伝統的な固形のものと、すぐ大量に使えるように液体のものが売られている。

を磨る時間を短縮できるため、学校での習字で効果的だった。やがて、その便利さが好評となり大人も利用するようになっていった。

芸術からも高品質な液体められ、生産業者は新製品を開発していった。

液体は固形とは異なり(にかわ)でなく合成脂を使用している。これにより安定した品質のを生産することができるようになった。

液体は約3年間をえる長期保存ができるようになっている。

歴史

漢字として

Unicode
U+58A8
JIS X 0213
1-43-47
部首
土部/部/
画数
14画
読み(常用)
ボク
訓読み(常用)
すみ
Unicode
U+FA3A
JIS X 0213
1-15-62
部首
画数
15画
意味
旧字体
い顔料、すみ、すみで書いた、文、画、い、黒色の、汚い、貪る、入れ墨をする刑罰、、五尺、メキシコ、(と通じて)だまる。
説文解字十三〕に「書するなり」とある。
字形
の会意。甲文にで書いた跡のあるものもあり、古くからによる記述が行われたようである。また古くは石を用いた。
音訓
読みは、ボク音)、モク(音)、訓読みは、すみ。
規格・区分
常用漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
符とする漢字には、纆などがある。
客・丸・君・刑・守・汁・色・荘・池・滴・

異体字

互換文字

関連項目

外部リンク

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「墨」で検索
急上昇ワード2018/02/25(日)02時更新
>>もっとみる