ニコニコ大百科

大友克洋

大友克洋とは、日本漫画家である。

近年では映画監督としての活動がである。漫画作品での代表作は『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑な遠近感を持つ画面構成、また内容に関しても生活感のあるリアルな描写は、80年代以降の漫画界に大きな影を与えた。

概要

宮城県群迫町(現在の登迫町)出身。中学時代に漫画家を志すが、高校時代は映画漬けの日々を送り一時漫画から離れる。ちなみに大友克洋の出身校、宮城県佐沼高等学校石ノ森章太郎の出身校でもある。当時は映画を作りたいと思っていたが、一人立ちを考えて漫画を描き始める。

1973年、学者であり作家プロスペル・メリメの『マテオ・ファルコーネ』を原作とした漫画家デビュー。初期の作品はアメリカン・ニューシネマの影や、70年代の文化(ロックジャズドラッグなど)を背景とした日常風景を淡々と描くものが多かった。70年代後半には緻密に描きこまれた背景や、美化されていないリアルな人物など大友らしい作確立されていた。当時よりニューウェーヴの作家され、一部の漫画読者からは知られた存在になっていた。またその新な作は当時の漫画家志望者や既成の漫画家に大きな影を与え、1979年の自選短編作品集『ショートピース』を刊行前後には作を模倣する者が数多く出現した。

1979年には未完の作品ではあるが、後の作品の前触れともいえるサイバーパンクSFFire-Ballを執筆。その後超能力者同士の対決を描いた童夢、架戦争を描いた矢作(小説家)との共作『気分はもう戦争を発表。両作品は共にSF作品への文学賞星雲賞」を受賞するなどSFファンから高い評価を受ける。さらに『童夢』は第4回日本SF大賞を受賞し、大友克洋の名前を漫画界のみならず知らしめることとなる。

1982年には世界戦争後の荒した近未来日本の人工都市ネオ東京”を舞台に、超能力を手にした少年暴化してしまいネオ東京を恐怖と混乱に陥れるというSF作品AKIRA週刊ヤングマガジンにて連載開始。本格的なサイバーパンクSFである本作は、大友自身の突飛な表現超能力都市を徹底的に描写し大ヒットとなる。

AKIRA』と同時期に石ノ森章太郎漫画原作としたアニメ映画『幻魔大戦』にキャラクターデザインで参加。その後いくつかの作品でデザイン絵コンテを手掛け、1987年村卓の小説原作としたオムニバスアニメ迷宮物語』の一編「工事中止命令」でアニメーション監督デビュー。翌1988年に10億円というアニメ映画としては破格の製作費をかけて『AKIRA』を映画化。長編映画デビューをする。

この『AKIRA』は漫画同様、緻密な作画などはもとより、日本アニメで一般的なアフレコではなくプレスコ(を先に収録するアメリカで一般的な方式)の採用現代音楽で知られる集団『芸能山城組』を音楽で起用するなど、音音楽の演出でも拘りを見せている。日本での開の後に海外でも劇場開され大きな評判となる。これは「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントの先駆けとなった。『ジュラシック・パーク』などで知られる監督スティーブン・スピルバーグは「わたしが作りたかったのは、こういう作品だったんだ」と発言したとされる。

1990年に『AKIRA』の連載を終了させた後は、な活動を映画へと移す。『AKIRA』と同じく自身の漫画作品を原作としたオムニバスアニメMEMORIES機動戦士ガンダム20周年記念イベントガンダムビッグバン宣言」にて上映された短編CGアニメ作品GUNDAM Mission to the Riseなどを手掛ける。2004年には製作期間9年、そしてアニメ映画史上最大の製作費の24億円をかけたスチームボーイを発表。業収入では失敗してしまうが、『鉄腕アトム』を彷彿とさせる内容で話題となる。2007年には漆原友紀の『蟲師』をオダギリジョー蒼井優、江マキ子などキャスト実写映画化。原作ファンや内容そのものに対しは酷評を受けるが、表現が難しい“”を独特の映像美で描き切った。

ちなみに2005年フランス政府から「芸術文化勲章シュバリエ」を授与されている。

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「大友克洋」で検索
急上昇ワード2017/12/15(金)06時更新
>>もっとみる