ニコニコ大百科

大日本帝国海軍

大日本帝國海軍とは、かつて大日本帝國に存在していた軍、の軍隊である。

タグ動画検索大日本帝國海軍 or 帝國海軍 or 大日本帝国海軍 or 帝国海軍 
あるいは(旧)日本海軍といえばこの帝国海軍をさす。

概要

大日本帝國」を守る大日本帝國海軍は、現在海上自衛隊海上保安庁の前身である。

明治4年(1872年)に「兵部」から「」として設立され、昭和20年1945年)に解体されることになる。
創設当時は幕府軍の残余艦艇及び各の艦艇を合わせて創設されており、日清戦争における戦、日露戦争における日本海戦など要な戦に勝利。また幾度かの軍拡計画に基づき艦艇を配備し、大東亜戦争突入前で艦艇385隻。航空機3,260機を擁する世界有数の軍組織となっていた。

三笠@三笠公園

しかし日中戦争から大東亜戦争終戦時における実戦参加可な艦艇数は駆逐艦30隻・潜水艦54隻という有様で、往年の雄姿からは想像もつかないものとなってしまっていた。
(この他の艦艇は襲などにより損をうけ実戦参加が難しい状態であった。例えば艦艇は戦艦長門」(中破)、軽巡酒匂」(小破)。空母は「葛城」「隼鷹」も中破の状態。「鳳翔」は事だったが小のため実戦には向かなかった。他の艦艇も同様で大なり小なり損をうけており、沈まなかったもののその大多数が大破着底というかたちである。)

帝国海軍を代表する艦艇としては日露戦争における連合艦隊旗艦であり今も横須賀にある「三」。46cmサンチを搭載した戦艦大和」「武蔵」の他、休日(ネイバルホリディ)の間、ビッグ7とたたえられた「長門」「陸奥」、空母の「赤城」「加賀」などがあげられるだろう。航空としては、零式艦上戦闘機九七式艦上攻撃機九九式艦上爆撃機局地戦闘機紫電改一式陸上攻撃機などがあげられる。

また、大日本帝国陸軍との仲は閥争い的意味で良くなかった。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事について

ツイート

「大日本帝国海軍」で検索