ニコニコ大百科

天塩町

天塩町は、北海道留萌支庁北部・西海に位置する町。

概要

人口は3,433人(2013/3/31面積353.31km2の町。

町名の由来はアイヌ語で「梁がある」という意の「テシュオ」から。
町の木はエゾヤマザクラ、はハマナスはコガラである。

地理

北には同庁延町、東に同庁上川支庁中川町、南には同庁遠別町という位置関係です
北海道遺産の大河、天塩の河口に位置する。
沼には公園がありますよ。
天塩山地はウィキペさんに「地味な山地」と言われる始末・・・

交通

国道40号232号が通ってます。
道の駅てしお。
鉄道は通っておりません。JRがまだ国鉄だった頃に羽線がありました。

ちなみに国道232号(南側)と106号はオロロンラインという通称で親しまれているルートの一部であるが、札幌留萌方面からオロロンラインを通って稚内方面へ向かう場合、天塩町を出ると稚内までガソリンスタンドコンビニもない上、間違って106号に入らずに国道232号を直進すると内陸側を走ることになってしまうという、一種の初見殺しポイントとなっている。

産業

寒別地区でも木材の伐採や、北炭田などがある。
漁業では、北海道一の漁獲量を誇るシジミチョウザメ、ニシンなどの漁獲が流である。

歴史

紀元前1000年 住居の跡。
1700年    『夷地全地図』に「テシホ」の地名が載ってます。
1878年    「天塩村」創設。
1880年    役場設置。
1914年    電気が通ります。
1915年    二級町村制施行しまして。
1924年    一級町村制・町制施行。「天塩町」に。
1935年    ちょっと鉄道が通りますよ
1957年    「天塩大橋完成
1967年    が通りますよ。
1972年    あなたの町は1万頭を持っています。
1979年    新役場庁舎完成
1980年    天塩町開基年記念式典挙行。
1987年    鉄道廃線。役場
2003年    道の駅「てしお」できたよ!

名所とか

天塩川歴史資料館

旧役場庁舎をリニューアルして開館しまんた。
天塩とともに歩んだ歴史や文化、教育資料など2000点をえる資料を展示しています。
ここに展示されている資料は、町内に所在し、町民の篤志によるものであります。
世界最古のコククジラ化石(約300万年前)がなんてものもある
そうです。

公式サイト

天塩温泉

2000年に開湯されたばかりの出来立てホヤホヤの温泉
厳選温度39℃、質は化物。 
アンニア系の臭いが強いのと、こい口醤油色のお湯なのが特徴。

公式サイト

厳島神社

のとことは特に関係ありません。
1804年に「命」の御分霊を迎えたと伝えられる。1926年に本殿完成
厳島神社祭」が毎年7月に行われているようです。

神社祭サイト

鏡沼海浜公園

5月から10月まで利用できる辺の公園
ハマナス100万本植栽ボランティア活動と言うものをやっております。
しじみまつり・てしおまつり・てしおの味まつりをそれぞれ7,8,9月にやります。

関連サイト

天塩町出身の有名人

関連動画

おろろ~ん。天塩町から延町オトンルイ風力発電所まで。

関連コミュニティ

関連項目

この記事について

ツイート

「天塩町」で検索