ニコニコ大百科

実況プレイ動画

曖昧さ回避 この項ではニコニコ動画における実況プレイについて記述しています。
ネタバレ注意 実況プレイ動画に関して、様々な視点からの意見を募集しています。
※この記事に関する執筆・編集等は掲示板で受け付けています。

実況プレイ動画とは、プレイヤー実況しながらゲームをやった様子を収めた動画である。
ニコニコ動画では人気タグの一つであり、約74万件(ニコ動全体の約13%)の動画投稿されている。

なお、実況の有に関わらず、権利者許可なくプレイ動画投稿することは著作権法違反である。ゲーム権利者較的寛容なため多数のプレイ動画が存在しているが、ほとんどは黙認または放置されているだけであり、著作権法違反には変わりなく、新作を中心に少なからず権利者削除された物があることも知っておきたい。

さらに、権利者削除では済ませずに刑事告訴や、民事での損賠償請を考えているメーカーも存在する。投稿者や視聴者はこのことを理解した上でゲーム動画を楽しむべきである。「著作権について」の節、および「プレイ動画」の項目の「著作権について」の節も参照。

概要

多くの場合、タイトルゲーム名と実況がある旨が明記され、実況プレイ動画タグロックされている。実況者によっては他の実況者との違いを演出するために、別の似たような言葉をタイトルに用いることがあり、その場合タグも別のものが使用されることがある(喋りながらやってみたなど)。

様々なスタイル実況プレイ動画投稿されていているが、大別するなら実況プレイヤー驀進視聴者対話の2種類に分類できる。後者の場合はコメントプレイ方針の意見を受け付けることもある。

細かく分けると、ゲーム攻略と解説をしっかりと行なう王道スタイル、突っ込み所を探して笑いを取りに行く受け狙い、独り言や自分語りも存在すれば、逆にネットラジオのような動画も存在している。さらには外国語ゲーム翻訳しながらプレイするなど多岐にわたっている。基本的に実況者がどのようなスタイル実況プレイしようと自由であるが、最低限、不特定多数の人間によって動画が視聴されうることを意識した動画制作められる。

類似タグ雑談プレイ動画というものがあるが、実況プレイ雑談プレイと考えているユーザーも多く、実況雑談界線ははっきりと決まっていない。

コメントについて

実況者にも視聴者にも様々な人がいます。それを踏まえて節度ある書き込みを心がけましょう。また、荒らしマナー違反なだけではなく、利用規約違反(=運営認の禁止事項)でもあります。見かけたら反応せずにNG、酷いようならコメント削除依頼板通報しましょう。

くれぐれも反応(反論・嘲笑・議論などの書き込み)をしてはいけません。荒らしは他者を不快にさせて反応を見ることが的です。荒らしに反応する者も荒らしを肝に銘じましょう。あなたが荒らしに加担すれば、実況主や他の視聴者が嫌な思いをします。

また、ニコ動の標準よりも便利なNG機能を利用できるProxomitron(通称:オミトロン)というソフトがあります。
償のソフトなので、これを機に導入されてはいかがでしょうか。

オミトロンの主な機能

実況プレイ動画の投稿者へ

マイナス検索で弾けるように実況」のキーワードタイトル説明文に入れてください

さらに、実況プレイ動画タグロックをして頂けると、多くの人が円滑に棲み分けをできます。
プレイ動画タグとしてはが入っていないゲーム動画に対してのみ使うものなので付けないでください。

タイトル説明文に余計な単が入ってるとトラブルに巻き込まれる原因になることがあります。
詳しくは『検索妨害』『伏字も知らないゆとりのうp主』を参照してください。

実況プレイが苦手な人へ

マイナス検索での回避をお勧めします。またオミトロンを使ってはじくというのも手。

やり方

  1. 検索する句を定する際に「-」(半マイナス)の後にキーワードを続けて入
  2. 検索結果に、そのキーワードを含む動画が含まれなくなる。

例:ドラクエ関係の動画を見たいが、実況プレイ検索結果に表示させたくないとき。
検索フィールドに「ドラクエ -実況 -雑談 -喋 -話」で検索
ドラクエマイナスの間にスペースが必要。マイナスの直後にスペースは不要。)

タグ検索の場合は「ドラクエ -実況 -実況動画 -実況プレイ -実況プレイ動画 -雑談」で検索

著作権について

ゲームソフトに含まれるコンテンツは、著作権法により保護されている。そのため、プレイ中のゲーム画面を動画として開することについては、著作権に関するさまざまな問題がつきまとうことになる点に留意する必要がある。

実際は、そのほとんどは黙認されている (からこそ、ひとつの動画ジャンルとしてここまで成長した)。しかし、とりわけ現行で販売されているような新作においては、ゲーム内容をネタバレすることにより、視聴者の購買意欲を削ぎ、売り上げに悪影があるおそれがあるため、メーカーにより厳しい対処 (動画権利者削除) が行われる場合がある。

メーカーや作品によっては、すべてのプレイ動画配信を明確に禁止したり、逆にルールを定めることによって配信を認めたりと、これまでずっとグレーだった部分のをはっきりさせようとする動きも見られる。

また、実況プレイに関しては、ごく一部ではあるが、ゲーム製作者に正式な許可をもらい、「認」の形で実況プレイを行なっている実況者もいる。個別に許可を取らないまでも、メーカー側の「プレイ動画投稿針」に従って動画投稿している、著作権に配慮した動画も少なくない。さらに、メーカーから依頼されて実況プレイ動画アップしているプレイヤーも、わずかながら存在する (「訛り実況」等)。

著作権の問題は実況プレイ動画に限らず、プレイ動画全般の話であるため、詳しくは、「プレイ動画」の記事を参照。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「実況プレイ動画」で検索
急上昇ワード2018/01/24(水)01時更新
>>もっとみる