ニコニコ大百科

小堺一機

小堺一機とは、浅井企画所属のタレント会者、コメディアン俳優である。

概要

ライオンのごきげんよう」(フジテレビ)の会者として知られるタレント関根勤とのユニットコサキン」でも知られ、「コサキンDEワァオ!」(TBSラジオ)を27年半に渡って担当したことでも知られる。

長男フリーアナウンサーの小翔太

略歴

1956年千葉県市川市に生まれる。南極地域観測隊に同行した経験もある寿司職人で、少年時代仕事の関係で東京に移り住む。

少年時代には児童劇団に所属していた時期もあり、塩屋浩三山田隆夫らと共に番組に出演していた経験を持つ。しかし、「落ち着きがい」との理由から小のみ番組を降させられ、小ショックを受けた。その後、芸界を一度離れる。

大学時代に児童劇団時代の子役仲間だった女性から「ぎんざNOW!」(TBSテレビ)の素人勝ち抜きネタ見せコーナーへ出演を誘われ、記念のつもりで「素人コメディアン場」に出場したところ見事に勝ち抜いてチャンピオンく。これがきっかけとなって再び芸界入りを果たした。

大学卒業後に勝新太郎催していた俳優学校「勝アカデミー」に入校し、岸田森らに師事する。この時の同期生としてルー大柴と出会っている。

現在の所属事務所である浅井企画契約し、関根勤とともにライブを行って下積み時代を過ごした後、「ちゃんのどこまでやるの!?」(テレビ朝日)で関根との前説コンビクロ子とグレ子」で知られるようになる。

1981年コサキンとして「コサキンDEワァオ!」(TBSラジオ)をスタートコアファンを獲得する。
1984年、「笑っていいとも!」の成功に続いて投入された平日13時台の帯番組「ライオンのいただきます」(フジテレビ)の会者として大抜される。小本人としても予想外の起用であったそうで、「放送開始当日までドッキリじゃないかと思っていた」とっているが、「いいとも!」の視聴者を上手く獲得し「いただきます」も人気番組となった。
1991年に「いただきます」をリニューアルする形で「ライオンのごきげんよう」がスタートサイコロトークという新企画がウケて、「平日の定番番組」として2016年まで続く長寿番組となる。

コサキンDEワァオ!」は27年半、「いただきます」「ごきげんよう」は累計31年半と長期に渡り親しまれた。

これらのラジオパーソナリティ会者としての活動の一方、俳優としてもテレビドラマや舞台で活躍している。

2004年に首の腫瘤を摘出。後にこれの一部に細胞が検出されて、小にかかっていたことが明らかになった。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「小堺一機」で検索