ニコニコ大百科

小学館問題

小学館問題とは、小学館に関連する一連の事件である。

事の始まり

この項の詳しい経緯はWikipediaに書かれているので簡潔に説明する。

雷句誠先生週刊少年サンデーで『金色のガッシュ!!』を書いていた当時、もう構想自体は終了していたにもかかわらず引き延ばしされたことや、担当のアイデア押し付けなどで句の怒りが頂点に達し、仕事場で暴れ、右手折し執筆不状態に陥る。

当然、長期休載になるが、皮にもこれがガッシュ終了の確約を取り付けるきっかけの一つとなる。

これに伴い句は2007年の暮れに原稿の一括返済を受けるもののいくつか欠けていたために、その後も何度か返却要請をしたが、カラー原稿5枚の紛失が確定。

その後句は小学館を提訴する。

これが第一の小学館問題である。

第二の問題

上記の雷句誠先生による小学館提訴はニュースなるほどの事件になり、当たり前のようにVIPでこの事件に関するスレが立てられる。

当然のごとくサンデーかれる中、次のようなレスが書き込まれる。

384名無しさんの次レスにご期待下さい[sage]:2008/06/09() 02:33:13 ID:FVlqLGKw0

ども、元丸々作家ですが、少し書き込ませてもらいます。
日曜編集部がめちゃくちゃかれてるが、正直丸々や挨拶の編集部の方が酷いよ。

その30秒後、次のようなレスが書き込まれる。

391 :名無しさんの次レスにご期待下さい[sage]:2008/06/09() 02:33:47 ID:FVlqLGKw0

>>384
丸々はオリジナル外した人間をメディアミックスに持って行こうとするね。
いい例がM先生。別冊の方でやってた連載が振るわなくて、メディアミックス作品で成功を収めてる。
自分もオリジナルこけてしまってね。
メディアミックスもやったんだが、それもこけて今は別出版社のある雑誌でファンタジー物を書かせて
もらってる。
メディアミックスが不調な時に「貴様の人物のが悪い」とかピンポイントで駄出しされたのも
いい思い出。
丸々の編集はあれだけど、漫画家は基本いい人が多いね。
Hはブログでどうのこうの言ってるが、は丸々時代から学監側のだと有名。
K下先生とかK本先生には色々お世話になったなぁ。
メディアミックス作品でもオリジナルでも両方大成功を収めてるのはこの人たちくらいかな。

そして、この次にこの第二の問題が発覚するきっかけとなったレスが書き込まれる。

396 :名無しさんの次レスにご期待下さい[sage]:2008/06/09() 02:34:27 ID:FVlqLGKw0

丸々編集の悪行で一番許せないのはH先生かな。
あるメディアミックス作品を連載してた人。
人格者で、ファンレターの返事もまめに出す先生だった。
漫画も初期の頃は結構成功してたんだけどね、後期は落ち込んでた。
その後期……というか、打ち切るか打ち切られるかの瀬戸際で相当言われたらしく、
「ガキごときの心も騙せないお前みたいなクソ漫画家なんぞが
続ける事自体、漫画神様許さんわ」って怒鳴られたりしてた。
元々親交のあったんだけど、H先生泣いてたよ。
でもそのH先生病気で今は見る影もない姿になっちゃったけどね。昨日お見舞い行ってきたけどさ。

この垂れ込みにより問題が表面化。

これが第二の小学館問題である。この後についてはひかわ博一の記事やH先生まとめwikiを参考にされたし。

どちらかといえば後者す事が多い。

関連動画

 

関連コミュニティ

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「小学館問題」で検索
急上昇ワード2017/12/13(水)04時更新
>>もっとみる