ニコニコ大百科

小説

 私はを覚ます。の前にはパソコンの画面が広がっていた。おそらく、椅子に座ったまま寝てしまったのだろう。ついこの間もやってしまったし、いけない癖だとは分かっているのだが。
 昨日の記憶がやけにおぼろげだが、とりあえず体にべっとりとくっついた汗を流したい。そう思って席を立とうとした時だった。
「ようやくお覚めか」
 背後から聞こえてくるのは見知らぬ男のだ。そいつによって硬い何かを背中に押し付けられる。ねっとりとした恐怖がの底から湧き上がってきた。
 よく見ればパソコンも自宅の機種とは違う。机の上に至っては書類も何もおいていない。ここはどこだ?全く知らないに連れてこられたようだ。
お前ニコニコ大百科編集者だな? 正直に言えばコイツ引き金を引くこともない」
 男は何やら手に持った物をガチャリと鳴らした。私はそれが何か見ることはできないがそれが何か悟った。
私は上手く喋ることができず、相手からは後ろ向きの状態のままこくりと頷くのが精一杯だった。
 仕事の都合上人と会話する機会は少なくないが、こんなに緊迫した状況での会話というのは初めてのものだった。
「そうか。なら、ニコ百に【小説】の記事を作れ。出来が良ければ傷で帰してやろう」
 小説の記事は確かにまだない。なかなか面い内容を思いつく人がいないのだろう。私自身も文学には縁がないため、この記事を作ろうと思ったことはなかった。
この男はきっと、私がニコニコ大百科小説の記事を書かないとその手に持ったでためらわず私を撃ち殺すだろう。

そういえば最近ニコニコ大百科編集者が何人も殺されていると噂で聴いた事があった。
きっと私がニコニコ大百科編集者と知ってて監禁し、理やり編集させようとしているのだろう。所詮他人事だと思っていたのに、まさか私の身に降りかかろうとは思ってもいなかった・・・
 しかし、今は建てなければ私の命が消されてしまう。記事一つで命が助かるのなら安いものだ。さっさと書き上げてしまおう。
 私はの前のパソコンを操作しニコニコ大百科アクセスする。【小説】と文字を打ち記事作成を始める準備はできた。
 未だに恐怖で震える手を落ち着かせながら、私はひとつずつ、ゆっくりキーボード叩き始めるのだった――

概要

――小説(しょうせつ)とは、文章を読むことを中心とした娯楽作品の総称である。

一般的な定義は、散文で書かれた事実とは異なる内容と定義付けされている。とはいえ、実話する小説もあったりするので、その定義は曖昧である。小説という単自体は紀元前から中国で使われていたが、そもそもは「くだらない話」「取るに足らない話」のような意味であった。しかし時代の中国では短い文章などにその単を使ったとされ、現代の意味に近づいていく。

日本で「小説」という言葉を文字を読む娯楽作品の意味で使ったのは明治初期であり、坪内逍らによるものとされている。

日本ではそれ以前より古くから文章による娯楽作品は存在していたが、明治時代の印刷技術の発展により小説爆発的に広まった。
日本近代小説の先駆けとなった作品は1887年の二葉亭四迷による『浮』とされる。明治時代には様々な文が誕生した。

日本中の多くの書店では小説コーナーが設けられ手軽な価格で購入できる。

小説に書かれた文章を読む物が基本であるが、現在ではを使わずにコンピューターで閲覧する電子書籍なども普及が進んでいる。

種類は長編小説から短編小説など長いものも短いものもあり様々である。若者向けの内容が軽い小説ライトノベル軽小説)と呼ばれる。

小説の作法

 小説の作法というのはあくまで慣例であり、実際のところは作法のようなものは存在しない。しかし、これらを守った方がより文章として見栄えするというものならいくつかある。

 などが有名である。

小説関連項目

一般

ジャンル・形式

文芸誌

レーベル・叢書

ネット関係

関連項目

外部リンク

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「小説」で検索