ニコニコ大百科

とは、を伸ばしたとされる漢字で、部首である。単独では用いられない。

漢字として

Unicode
U+5EF4
JIS X 0213
1-55-14
部首
画数
3画
Unicode
U+2F35
意味・字形
意味・字形解釈について諸説ある。
説文解字・巻二〕では「長く行くなり。ひ、之れを引く」としている。歩く意味としていて、を伸ばした形なので長く行くということだろう。しかしは十字路の形である行の左側で、のことである。〔六書證〕は、横の多い形で、長いという意味であるとする。
白川静によると、を含む字で文に見えるのは廷と建であるが、どちらも文ではではなくの形になっている。の字がなにを表しているのかは不明で、白川は塀ではないかとしている。
玉篇〕には「今、引に作る」とあり、古文としている。
音訓
読みイン音)、訓読みは、のばす。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
部首
は部首、部を作る。繞に用いられ、えんにょう(延繞)、いんにょうと呼ばれる。行く、めぐることを表す意符として使われる。

互換文字

関連リンク

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「廴」で検索