ニコニコ大百科

後志

曖昧さ回避 曖昧さ回避
  1. 後志総合振興局2010年後志支庁に代わって設置された、北海道の出先機関である総合振興局のひとつ。この総合振興局が管轄する地域のことを「後志地方」もしくは単に「後志」と呼んだりする。
  2. 後志明治維新のころに置かれた、日本の地方区分であるのひとつ。現在後志総合振興局の大部分と、檜山振興局の一部(北部)を管轄していた。

本項では1を説明する。

概要

渡島半島の付け根あたりの部分の地域をに管轄する。総合振興局への移行にあたっては、管轄地域の変更は特にされていない。北海道の地域区分としては道央に入れられることが多いが、道南との結びつきが強い面もある。

後志地方はその多くが山地で占められており、小樽市という較的大きな都市を有しながらも管内全体の人口は少ない。しかし、その地理条件からニセコ・ルスツなどウインタースポーツが盛んな場所もあり、季には賑わいを見せる。特にニセコエリアオーストラリア人の観光客が多い。
数ある山々の中でも、蹄山は標高1,898mほどだが独立峰であることからこの周辺では圧倒的な存在感を放っており、その整った山容から富士の異名を持つ。

管内の面積北海道の14振興局の中では小さいほうであるが、市町村数は多く、なかでも村の数は14振興局中最多である。面積の割に市町村数が多いのは、平成の大合併の時期に持ち上がったこの地域の合併構想がすべて協議の決裂などにより実現できなかったこともひとつの原因であろう。

後志総合振興局管内の市町村一覧

羊蹄山麓

後志北部

後志西部

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事について

ツイート

「後志」で検索