ニコニコ大百科

とは、ためらわないことである。悔やまないことでもあるが、こちらはあまり知られていない。

概要

か昔、とる麗しい女性がこんな言葉を人々に残した。『これも・あれも・きっと・たぶん…』と。

それは人類に課せられた永遠のテーマ。遠くのから来た男が勇気と一緒に教えてくれる。戦国武将の兜に然といていたり、メカカルタウンでは憎悪と一緒に渦巻いていたりする。
それゆえ時に明日を見失ったり、言葉の重みに振り回されるもととなる事も多いが、腹黒大人となって、臆面もく口に出したりはしたくないものでもある。

以下の動画を見ることで、その壮大なテーマの一端を知る事が出来るだろう。

関連動画

愛・・・

愛の告白

愛と恋の違いについて

人名としての愛

女性の名前によく用いられる。読みはあい、めぐみ、まななど。

実在の人物

架空の人物

漢字として

Unicode
U+611B
JIS X 0213
1-16-6
戸籍統一番号
124350
部首
心部
画数
13画
読み(常用)
アイ
訓読み(常用)
-
意味
恋愛情、好き、慈しむ、憐れむ、親しむ、好する、惜しむ、という意味がある。
また、(僾と通じて)ぼんやりとした、(薆と通じて)隠れる、という意味がある。
説文解字〕には異体字であるが分かれて載っていて、は〔説文・巻五〕に「行く皃なり」とあり、は〔説文・巻十〕に「むなり」とある。
字形
諸説ある。
説文〕ではを分けていて、の形の形としている。ただとは繁簡の関係にある異体字と解釈することが多い。
〔六書故〕に引く〔唐本説文〕はの会意とする。白川静は⿱/+心の会意とし、振り返る意味の/アイ)に心を足して後顧の情を表すとする。
音訓
読みは、アイ音、音)、エ(慣用音)、訓読みは、いつくしむ、いとしい、おしむ、したしむ、かなしい、めでる。
名のりに、あき・さね・ちか・ちかし・つね・なり・なる・のり・ひで・やす・よし・よしみ・より・まな・めぐみ・めぐむ、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校4年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
符とする漢字には、僾、噯、薆、、𥴨、靉などがある。
簡体字は爱。
液・縁・愛煙悪・玩・嬌・顧・護・好・幸・愛国妻・日・称・唱・情・人・惜・染・想・憎・着・聴・寵・読・撫・別離苦・慕・民・用・慾・
参考
2005年今年の漢字に選ばれた。

異体字

Unicode
U+3905
部首
心部
画数
8画
𢙴
Unicode
U+22674
部首
心部
画数
11画
𢖻
Unicode
U+225BB
部首
心部
画数
7画
𤔤
Unicode
U+24524
部首
画数
14画
𤔠
Unicode
U+24520
部首
画数
13画
𢟪
Unicode
U+227EA
部首
心部
画数
13画
𢛭
Unicode
U+226ED
部首
心部
画数
11画
𢜤
Unicode
U+22724
部首
心部
画数
12画

書として

筆順
愛の筆順
書体
愛の篆書 愛の隷書 愛の楷書 愛の草書
篆書 隷書(西狭頌) 楷書(欧陽通) 書(藤原行成
平仮名
崩したものを「あ」の仮名として使うことがある。「あ」の変体仮名
あの仮名

関連商品

関連項目

[英]loveラブ) - [独]Liebe - []amour - []amore - [西]amor - [露]Любовь - [亜]حبّ

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「愛」で検索