ニコニコ大百科

とは、一人称のひとつである。

概要

中世日本でよく使われる一人称だったが、現代の日本ではほとんど使われない。
複数形は「々(われわれ)」であり、現在も使われている。
ほかにがつく一人称は「輩(わがはい)」などがある。

一人称が「我」の人物

漢字として

Unicode
U+6211
JIS X 0213
1-18-70
部首
画数
7画
読み(常用)
訓読み(常用)
わ、われ
𢦠
Unicode
U+229A0
部首
画数
8画
𢦐
Unicode
U+22990
部首
画数
6画
意味
われ、われわれ、わが。一人称として使われる。ほかに、自分の意志や考えをするという意味がある。
説文解字・巻十二〕に「身に施して自ら謂ふなり。ひはふ、頃、頓(つまづ)くなりと」とある。
字形
のついた物もしくは形。甲文・文のころから一人称として用いられ、のこぎり物の意味では使われていない。一人称に用いるのは仮借。〔説文解字注箋〕に元の周伯琦の説として「の名、形」とある。
説文〕には「ひ𠄒にふ。𠄒、ひはふ古垂字と。一にく古殺字と」とある。+𠄒の会意であり、𠄒は垂の古文か殺の古文としている。
ほかには、の会意(〔疑疑〕)、手+の会意形などがある。
音訓
読みはガ(音、音)、訓読みは、わ、われ、わが。
規格・区分
常用漢字で、小学校6年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
部首
は、〔説文〕で部首である。ほかに義が属す。
意符・
を意符とする会意字には、などがある。
符とする漢字には、、哦、娥、峨、涐、莪、硪、、誐、餓、騀、䳘、𧒎などがある。
執・田引慢・

異体字

𠨂
Unicode
U+20A02
部首
画数
12画
𢦖
Unicode
U+22996
部首
画数
7画
𨈟
Unicode
U+2821F
部首
身部
画数
11画
𩇶
Unicode
U+291F6
部首
非部
画数
13画
Unicode
U+39B1
部首
画数
8画
𢦓
Unicode
U+22993
部首
画数
7画
𢦴
Unicode
U+229B4
部首
画数
9画

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「我」で検索