戦艦単語

    センカン

    掲示板をみる(485)

    5

    戦艦英:Battleshipとは、軍艦の種類のひとつ。大の艦に大口径のを搭載し、重装甲を施したもの。

    もしかして戦闘

    まさか:軍艦

    ちょっと古いよ:戦列艦

    概要

    日本国内の新聞やテレビでは戦闘(combatant ship)の略称をもって水上戦闘艦をして「戦艦」と呼称する場合があるので要注意。いかなるサイズの艦艇でも「戦艦」と記述されてしまう原因である。でも彼らも空母だけはちゃんと空母と呼んでいるのが不思議だったりするが。

    男子諸君には戦車(陸)・戦闘機)と並んで非常に人気が高く、所謂でっかくて強い「男のロマン」というやつである。

    現代日本においては第二次世界大戦大日本帝國海軍の聯合艦隊旗艦戦艦大和」の知名度が非常に高いが、ゲルマン大好きっ子には「ビスマルク」も人気がある。後述の「級=ド級」のとなった英国海軍の「ドレッドノート」も「級」「級」といった用とともに名前の認知度が高いが、戦艦歴史上何がドレッドノートをエポックメイキングたらしめたのかといった建艦上の特徴などはあまり良く知られていない(これについては後述)。

    日本人なら大和二番艦「武蔵」、聯合艦隊旗艦の「三笠」、「長門」もたまには思い出してあげて下さい・・・(まぁ、つい最近、知名度は上がっているとは思うけど) っていうか、太平洋戦争中は「大和」「武蔵」は存在そのものが極秘とされていて、一般国民にはその名前も存在もまったくアナウンスされてなかったので、終戦まで日本国民は「長門」と「陸奥」こそが世界最強日本の誇る名戦艦だと信じ込んでいた。天皇陛下御用達の御召艦にもなった「比叡」はアイドル的存在。

    実際に太平洋で一番活躍したのは、空母を中心とした機動部隊の同等の速を持つ高速戦艦だった。
    日本では当時最も旧式・遅れの巡洋戦艦改造改造を重ねた、魔改造戦艦とも言える「金剛」以下、「比叡」「霧島」「榛名」が活躍した。
    本来、日本海軍においては[1][2]その名は海自イージス艦こんごう型護衛艦やはるなヘリコプター護衛艦に引き継がれている。

    1986年に再就役した米海軍戦艦ミズーリ」が1991年クウェートイラク軍が侵攻した湾岸戦争の時に中東派遣され、姉妹艦「ウィスコンシン」と共に、陸上イラク軍に対する巡航ミサイルトマホーク」や撃等の上からの対地攻撃を行ったのが、地球上最後の戦艦軍事行動と言える。

    歴史

    アイオワ級戦艦

    兵器軸がであった19世紀末第二次世界大戦初期における戦の役。
    一般的には「当時選択可な最高威と、それに対応する装甲を搭載した軍艦」と理解される。
    大砲を積んだフネがすべて戦艦と呼ばれるわけではない

    戦闘用艦艇としては、ガレオン船を発展させた18世紀の「戦列艦」まで遡る事ができる。戦列艦は、今まで商船にも使っていた在来の戦闘用船舶とは違い、純戦闘用に特化しさせた近代的な帆船のこと。専用のを幾重にも重ね100門近い大砲を一斉射撃可にせしめた戦艦の始祖である。今までは、このような戦闘特化の全通式を装備した船舶は存在しなかった。また、1880年代ごろの明期の戦艦を戦列艦として扱うこともある。

    いわゆる戦艦の始祖といわれるのは、アメリカの装甲艦「モニター」である。これは、世界で始めてを載せた艦であり、大口を船の全周に向けられるその設計は画期的なものだった。しかし、この時代はまだを載せて外洋で活動できる艦は造れなかった。に関しても、近代の戦列艦時代と同じくど前装式で、これは装填に多く時間を要した。多くの装甲艦は、前述の戦列艦にべ内燃機関や艦体の鋼化など重装甲の装備を実現したものの、まだ戦列艦の域を出ていなかった。

    1869年、イギリスは帆走に頼らない、つまりマストを全した装甲艦「デヴァステーション」を起工。まだ初期の装甲艦にあった補助用のマストなどの帆装類を一切持たない全な汽走艦であった。ほぼ全周に射撃可30.5cm連装(ただし前装式)を装備し、強な装甲を有する、初の「戦艦」として同艦を挙げる研究者も多い。
    以降、イギリス戦艦の建造を推し進める。1889年には「ロイヤル・ソブリン」という前述の「デヴァステーション」をさらに拡大発展させより強(しかも後装式)と強な装甲を備えなお外洋で戦える艦を設計。同艦は前戦艦としてその名を残す。この級に関しては後述する。

    日露戦争に至るまで大砲火力の増加が続いていたが、次第に射程が長距離になると命中率が低くなり有効な射撃が行えないというデメリットが生じた。これは個々のが各々の位置で照準をつけていたため、着弾位置の観測が距離が遠のくにつれ不正確となったことが原因だった。
    これに対する回答が英国海軍が発案し、日露戦争において日本海軍が実践した艦での観測・揮による統制照準射撃だった。視点位置の高い艦部で着弾位置を観測、結果に基づき度、俯を個々の示。各々のが同じ照準・タイミングで射撃(斉射)することで撃をより集中させることが可になり、日本海軍の勝利に結びつくことになる。

    この日露戦争の戦訓を元にさらにドラスティックな"革命"が、英海軍戦艦ドレッドノート(二代)」においてもたらされた。艦での観測・統制射撃をより有効的なものとするべく、それまで戦艦に舷側に列をなすよう配備された中間(補助)を止。出来るうる限り口径を統一化したを、両側に攻撃できる艦中心線上に配置することで統制射撃を容易なものとし、かつ大火力向できるようにした「ドレッドノート」は、それまでの戦艦を一気に過去のものとしてしまった(蒸気タービン機関の採用による速の向上もそれに拍をかけた)。ところで、ドレッドノートの名を冠する艦は本艦が2隻である。初代「ドレッドノート」は「デヴァステーション」の強化の装甲艦として建造された。

    ちなみに、1906年にはアメリカの口径を全に統一し、なおかつ背負い式(を高さを変えて前後に配置したもの)で艦首と艦尾に配置した「サウスカライナ級」を起工する。ドレッドノートを一基ずつ配置していたのに対し、この背負い式配置は以降世界で採用されることとなった。

    近現代における戦艦の発達は、英海軍戦艦ドレッドノート」の登場によって一つの区切りを見ることになった。
    現在もよく使われる「級(ド級)」というは、ドレッドノートの「ド」を取って『ド級』と言ったことに由来する。

    前述の通り、「ドレッドノート」の性が画期的なものであったために、以後戦艦級・準級・戦艦に区別されることとなった(ドレッドノート以前の戦艦は、と呼ばれることになる)。

    しかしながら戦艦のより一層の火力の増大は、次第に戦艦そのものを縛ることになった。大艦巨砲主義、すなわちより口径の大きいを搭載できる巨艦を建造し、遠距離戦が可になったとしても、その射撃管制は地球の丸さという制約から逃れられない(線の向こう側を狙うことはできない)。視点位置をより高くする、すなわち艦を高くするなどの工夫にも限度があり、交戦距離限界に達しようとしていた。
    また巨艦であることをめたため建造に巨額の軍事費を必要とし、国家経済が傾く羽になり諸外軍縮会議を行って保有量をごとに制限し建造中のものも艦にすることとなった(このとき艦にかわり空母への装をすることは空母保有量の範囲内で認められたため、赤城加賀レキシントン級といった大空母が生まれた)。強を持つ戦艦の数をえていること=その軍事徴とされ、それは各において戦艦の損失を恐れさせ虎の子扱いで大事に大事に後方で温存させ、おいそれと敵との戦に出撃させないこととなった。戦艦恐竜よろしく肥大化した上で身動きがとれない怪物となっていたのだった。日本を例にすると、最も旧式の金剛4隻は西に東に多数の戦に参加したものの、他の扶桑伊勢長門大和の8隻は1943年まで一切の戦に参加せず(出撃はしたが会敵機会く帰投したことはある)、戦に参加したのはもはや敗色濃厚となりなりふりかまってられなくなった1944年からである。

    交戦距離の増加に対する最終的な回答は「航空による線よりさらに遠距離からの攻撃投射」という形となって、戦艦という怪物にとどめをすことになる。

    例えば、戦艦大和」の46cm航空機である九九式艦上爆撃機(艦爆)をべると、大和は1.4トン弾を42km先の標に数確率で命中させる(もっとも、有効射程となると20km前後となる)事ができるが、艦爆は一機で250kgの爆弾を数km先の標に40確率で命中させる事ができる。(命中率は80えるという摘もある) さらに航空機進化していき、搭載可兵装も強化されていく。例を挙げると米軍は4トンの兵装を搭載可な艦載機まで開発した。爆弾もより高度な照準器などの爆撃装置や独フリッツXなどの誘導爆弾までもが実用化され、航空機の航続距離も伸びていく。一方で戦艦には発展の余地は残されていなかった。


    戦艦に残された『重厚な装甲により、航空機が搭載できる爆弾魚雷では戦闘行動中の戦艦には効果的な被害を与えられない』という通説は前述の航空機技術の発達によりやはり覆され、タラン襲と真珠湾攻撃で撃沈されたのは港に停泊中の戦艦だったが、マレー戦で日本海軍航空隊が英国戦艦プリンス・オブ・ウェールズ」以下を戦闘行動中に一方的に撃沈したことをもって、大艦巨砲主義の時代は幕を閉じた。

    第二次世界大戦以降、終戦以前に起工されていた数隻の戦艦工したのを最後に戦艦はまったく建造されなくなり、航空機ミサイルの発達、魚雷潜水艦の存在、運用・製造コストの問題などにより戦艦の優位は消滅し、アメリカ海軍が保有していた戦艦アイオワ2006年に除籍されたことで100年以上続いた戦艦歴史に終止符を打った。
    現用艦による戦の軸は、空母及びミサイルを搭載した航空機、及び巡洋艦駆逐艦フリゲートといった艦艇が担っている。

    巡洋戦艦

    装甲巡洋艦から発展した艦種。戦艦亜種としてみなされる場合もある。

    1908年にイギリスで建造された「インヴィンシブル級」は、巡洋艦なみの薄い装甲と高速戦艦と同じ30.5cm連装4基8門のを組み合わせて装備した艦で、戦艦よりもずっと安価[3]に、戦艦並みの攻撃を有する艦として、以降積極的に建造されていくこととなる。1913年に工した、日本イギリスに建造を発注した金剛もこのインヴィンシブル級から発展した巡洋戦艦であった。

    当時イギリスと対立していたドイツも類似の艦を1910年からフォン・デア・タン、モルトケ級、デアフリンガー級と多数建造したが、ドイツコンセプトイギリスといくばくか異なっており、戦艦に準ずる較的強固な装甲を有し、戦艦よりは小のものを有し、速巡洋艦並みといった性格であった。またドイツ公式の艦種類別は「戦艦」「大巡洋艦」「巡洋艦」であって、上記3級は大巡洋艦に分類されていたが、世界的にはこれらは巡洋戦艦に該当するとみなされている。逆に第二次世界大戦前の1938年に工したシャルンホルスト級はドイツ公式では戦艦に分類されていたが、そのの口径の小ささや船体の小ささ、速などから、世界的にはやはり巡洋戦艦に該当するとみなされている。

    このイギリスドイツ巡洋戦艦同士が直接突したのが、第一次世界大戦中に起こったユトランド戦(ジュットランド戦と呼ばれることもある)である。イギリスドイツとも高速な巡洋戦艦を前衛部隊で先行させ、あとを低速な戦艦部隊がついていくこととなったが、巡洋戦艦同士がしい撃戦を行った後、戦艦戦場に到着する以前に戦闘は終結してしまった。このことで低速な戦艦では戦に参加すらできないことが判明し、これ以降に起工される戦艦では高速を有するものが標準となってゆく。また同時に、前述のように異なるコンセプトで建造されたイギリス巡洋戦艦ドイツ巡洋戦艦とでは、イギリス巡洋戦艦が2隻爆沈・1隻撃沈・1隻大破と大きな被害を受けたのに対し、ドイツ巡洋戦艦は1隻が大破ののち帰港を諦め自沈したのみであり、イギリスのような薄い装甲では大事に至るという戦訓が得られた。このユトランドの戦訓に基づき各巡洋戦艦戦艦に大規模な装を施すこととなる。

    日本巡洋戦艦金剛も(軍縮条約で練習戦艦化された比叡を除き)第一次装で装甲をおおいに強化し、その結果として速が低下してしてしまったため、類別を戦艦に変更されている。軍縮条約失効後の第二次装で機関を非常に強化し(この頃比叡も第一次・第二次装をまとめて実施し戦艦に復帰している)、巡洋戦艦時代以上の高速を得て高速戦艦に生まれ変わり第二次世界大戦では大活躍した。

    この後、ワシントン軍縮条約で戦艦巡洋戦艦の保有が各別に厳しく制限されたために、巡洋戦艦の新造は行なわれなくなった。また条約失効後も、前述の戦訓により新造されるのは高速戦艦ばかりとなり巡洋戦艦は建造されなかった(前述のシャルンホルスト級を除く)。

    なお第二次世界大戦終盤にアメリカが建造したアラスカ級大巡洋艦は、公式類別は大巡洋艦であったものの、その口径と装甲・速バランスなどから、世界的には巡洋戦艦に該当すると扱われている。

    また大きく時代は下り、東西冷戦も終わろうとしていた1980年ソビエトが建造したキーロフ級原子力ロケット巡洋艦ソビエト公式類別ロシア語日本語直訳)は、大口こそ持っておらず兵装はミサイルであったが、26,500トンという巨体、適度な装甲を施された船体、30ノットという速から、やはり世界的には巡洋戦艦扱いされることがある。

    海防戦艦

    戦艦亜種ともいえようか、20cmクラスの中口径を装備し、もっぱら沿内海での防衛やなど小規模な運用をする、大海防艦として「海防戦艦」が存在する。フィンランド軍の「イルマリネン級」やタイ王国軍の「トンブリ級」などがそれである。戦艦を持つ余い、もしくは必要はないが海防艦以上のと防御を有する艦艇が欲しい場合、この艦種が用いられた。喫が浅く、低速で航続距離も短いので、中小国の防衛用の戦艦として用いられた。防衛においては巡洋艦を圧倒可でかつ運用コスト巡洋艦並かそれ以下である。戦艦よりはるかに低コストだ。戦艦クラス大口巡洋艦クラスの船体に装備し沿での撃任務に就いたモニター艦をこれに当てはめる場合もある。英語表記では「Coastal defence ship」となるので戦艦とはやや異なる。

    戦艦が航空機に敗れた事例と、ある俗説への補足

     確かに第二次世界大戦において、航空機艦たる戦艦を撃沈できることは明された。
     しかし実際に撃沈された戦艦、一例としては英国海軍の「プリンス・オブ・ウェールズ」「レパルス」、日本海軍大和戦艦イタリア軍の「ローマ」、あるいは真珠湾攻撃などは、戦闘としてはかなりアンバランスなものとなっている。

     つまり戦艦の側に、満足戦闘機護衛艦がいないか、奇襲による防備を狙っての撃沈が多い。
     洋上航行中の戦闘配置に付いている戦艦を沈めたケースは、むしろ潜水艦のほうが多いのである。陸戦で言えば、どれほど強戦車であろうとも、諸兵科連合を組んだ部隊に襲われれば、最後は撃破されるのと同じである。

     故に戦闘機巡洋艦駆逐艦の十分な護衛、強な対火を持った戦艦は容易には沈んでいない。
     アメリカ海軍戦艦は言うまでもなく、大艦巨砲主義の終焉といわれる戦艦大和の撃沈でさえ、たった1隻の練度が低下していた戦艦を沈めるのに、空母10隻近く及び艦上機367機が必要であった。

     また、ドイツ軍のビスマルク戦艦ティルピッツ」はイギリス軍の猛攻によりフィヨルド内に抑えこまれるも、度重なる攻撃にも耐え、イギリス軍に圧を加え続けた。最終的にこれを撃沈すべく、イギリスはなんと12,000ポン爆弾(5,443kg爆弾)「トールボーイ」を用いた複数回の攻撃を実行した。それでも「ティルピッツ」は1発の直撃弾を被弾するも耐え、2回の攻撃にて沈没した。なお、12,000ポン爆弾3発の直撃弾と1発の至近弾を受けている。さらに同艦には護衛艦や護衛機もど存在していなかった。「ティルピッツ」はその生涯で積極的な軍事行動を取っていないのに関わらず、イギリス首相チャーチルは同艦を脅威的存在とみなしている。

     航空機の発達で戦艦が撃沈できるようになった、戦艦コストパフォーマンスが悪い、これは事実である。
     しかし第二次世界大戦までに限れば、戦艦が撃沈された事例を検証してみると、それはたとえどのような巨艦でも沈む。戦艦というハードウェアよりは、運用というソフトウェアに問題があったことは、留意されるべきである。 

     逆に適切な運用を得た場合は日本米国英国ドイツ戦艦などはかなりの活躍を示している。
     実際、列強軍のどが1941年以降も戦艦を建造、あるいは大改造を施したあたり、依然期待された有軍艦ではあったのだ。ところが、有な上文字通り威を表す戦艦、特に世界最大の大和戦艦を積極的に運用するリスク日本は恐れた。万が一を危惧し、同軍はなかなか大和戦艦を有効に運用出来なかった。結果、大和戦艦は多くの契機を逃したことになる。また、戦艦を運用するだけでも大量の燃料などの資を必要とした。

     高速戦艦である金剛の活躍など戦艦も一定の意義を有すると言える。…まあ英のように1945年以降に戦艦工させるというのは、流石にどうかとは思うが。

    関連動画

    関連商品

    関連コミュニティ

    関連項目

    史実に則った記事のある戦艦(「軍用艦艇の一覧」に基づくもの)

    日本

    欧米

    脚注

    1. *旧国名(地域名)が戦艦の命名則の基本であるが、「金剛は、巡洋戦艦の出自を持つので、巡洋艦の命名則、山岳名を持つ。
    2. *空母直衛の任にあった中では金剛が最も著名だが、それ以外にも、第二次ソロモン戦においては陸奥が、マリア戦においては大和武蔵長門が、エンガノ岬戦では伊勢日向がそれぞれ空母直衛を担当している。
    3. *高速を発揮するために搭載した多くの機関や大化した船体などにより、戦艦よりも高価になる場合もあった。

    掲示板

      • 483ななしのよっしん

        2018/08/06(月) 18:19:26 ID: f4xTjueCW3

        >>482
        いや、史実ドイツ位に劣勢ならまだしも上の話みたく戦があるなら普通に殴りかかった方がマシよ?
        通商破壊って一見凄そうだけど根本的な問題として制権が相手にある事が前提だから、所詮は貧者の戦略だ
        ぶっちゃけ戦艦単独による通商破壊なんて、イメージ的な怖さによるもので実はそう大したものじゃない
        ど恐怖心煽るだけで大戦果上げてたテイルピッツも、この艦自体の戦果はい)
        ましてやまともな戦があるのに、わざわざ独行させて各個撃破の機会を提供する義理はあるまい
        史実を見れば分かる通り、WW2のご時世で没なんて何時までも通用しないしな

        実際日本レイテで負けてそうなったように、一番効果的な通商破壊は制権を握って通商線を断ち切ることだ
        日本を揶揄ってるようだけど、元々日本決戦義も本来は敵艦隊を撃破して制権を守る為の物だからね
        通商破壊したかったら、英本艦隊をブチのめした後にが物顔でうろつけば良い。そうすりゃ通商は止まる

      • 484ななしのよっしん

        2018/08/06(月) 22:43:10 ID: R9n/vkuaDW

        >一番効果的な通商破壊は制権を握って通商線を断ち切ることだ
        ほんそれ
        決戦義も通商破壊も、相手に洋利用を許さない事をすと言う意味では同じだからな
        日本海戦だって、的は日本海の制権を守る事にあったし
        太平洋戦争の頃になると教条化し過ぎた結果客転倒を起こしていたフシがあるが)

        特に通商破壊では出来ない事として、制権を握れば自分が通商路を使えるようになる
        あくまで通商破壊的に据えると言うのは艦劣勢で制権確保が的に出来ない側の消極的戦略。
        (制権確保と通商破壊を同時進行する事を否定するものではない)

        と言っても、英本艦隊に艦隊決戦を挑もうとただ乗り込んでも恐らく応じてはくれないので
        英大規模船団を戦艦複数含む艦隊で襲撃する事で英本艦隊を引き摺り出す、等の
        通商破壊戦の手段化が必要になってくるとも思うけど

      • 485ななしのよっしん

        2018/08/10(金) 12:28:41 ID: f4xTjueCW3

        そもそも大量の戦艦を有する大艦隊成立自体が、
        ハン上権史論にヴィルヘル2世が影され、シーパワーした結果だしね
        で、上権史論の言う所は「通商破壊は効果的な敵の減衰は出来るが勝利には至らない」
        上を制する事で敵の通商を遮断し、こちらが自由な通商権を得ることが勝利に繋がる」て感じ
        (別に決戦拘泥では洋の要衝を抑えよと言う趣旨なので、WW2の後期米海軍の行動が分かりやすい)

        だもんで十分に戦艦があるのにハナから通商破壊なんて、一見どころか結構アホくさい。
        ビスマルク等も大艦隊復活をしたZ計画によるものだしね
        ハナから通商破壊一択なら巨大戦艦は不要。ビスマルク1隻止めりゃU50隻近く作れるぞ
        今回の話の場合でも、ドイツ帝国が制権取る気がいんだったら
        勝利しようがなんだろうが徴としてバイエルン2隻程度残して全部破棄すべきだろうね

        けど、WW1で一応でも勝利したなら制権争いは止めないだろうから戦艦それなりに有すると思う

    急上昇ワード

    最終更新:2018/08/17(金) 11:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/08/17(金) 11:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP