ニコニコ大百科

とは、以下のことを表す。

人名

漢字として

Unicode
U+624D
JIS X 0213
1-26-45
部首
扌部
画数
3画
読み(常用)
サイ
訓読み(常用)
-
意味
はじめから存在するもの、存在する、生まれ持っての・才、才がある、人材という意味がある。また(財・纔と通じて)わずか、(と通じて)はかる、定める、(哉と通じて)始め。
日本語ではの代わりに用いて、年齢の助数詞に用いる。
字形
字形については諸説ある。
説文解字・巻六〕は「木の初めなり。ひ、上の一を貫く、まさに枝葉の生じんとす。一、地なり」と、木の生える形としている。は木材の形、〔六書故〕はそれを受けて、木の材質が初義でそこから才という意味となったとする。
文の字形は、十字で中央に太丸がある形や、⊥の下にYを重ねたような形のものがある。文の太丸については、種子と解釈する説や、事とする説がある。甲文や文に、才を「在る」という意味で使う例があり、白川静は十字形の標識形とし、存在するもの・存在・時間が字の初義であるとしている。
音訓
読みサイ音)、ザイ(音)、訓読みは、ざえ、わずかな、あり。名のりに、かた・たえ・とし・もち、がある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
JIS X 0213第一準。
符・意符
才を符とする漢字に、、財、䞗、豺、䴭、鼒、𩛥などがある。才を含む会意字に、𢦔(𢦏)、などがある。
部首
説文解字〕や〔玉篇〕では、部首である。ただ属するのは才のみ。
才媛・才覚・才気・才芸・才子・才思・才俊・才女・才色兼備・才人・才徳・才・才貌双全・才略・才量・才・才腕

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「才」で検索