ニコニコ大百科

とは、以下の意味をもつ漢字である。

人名

すなお、ただしなどと読んで名前に用いられる。中国語圏で姓に用いられる。

漢字として

Unicode
U+662F
JIS X 0213
1-32-7
部首
日部
画数
9画
読み(常用)
訓読み(常用)
-
Unicode
U+6630
JIS X 0213
1-85-20
JIS X 0212
34-12
部首
日部
画数
9画
𣆞
Unicode
U+5182
部首
士部
画数
3画
字形
字形については諸説ある。
説文解字〕の本字はで、〔説文・巻三〕に「直なり。日、正にふ」と、の会意とする。〔古籀篇〕は日+正で、日の影で時を計ることから、正しいという意味があるという。
文の字形は、上部が日+十のような形である。そこで日++止の会意という説、全体が形という説がある。
音訓
読みはシ(音)、ゼ(音)、訓読みは、これ、この、ただしい。名のりに、よし、すなお、ただし、などがある。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
説文解字〕では部首として扱われる。韙、を収める。
是を符とする漢字には、、媞、寔、徥、湜、、𦳚、隄、睼、、䈕、緹、翨、褆、醍、諟、踶、趧、𧡨、鞮、、騠、𡰖などがある。
是定・是正・是々非々・是認・是非

異体字

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「是」で検索