ニコニコ大百科

曖昧さ回避

曖昧さ回避 この記事は曖昧さ回避ではありません

曖昧さ回避とは、ウィキペディア日本語ぐらいでしか見かけたことのと最近のニコニコ大百科でみかける不思議な単である。

概要

Wikipediaにおける編集手法の一つ。一つの記事名に複数の意味があるときに、それぞれの意味を簡単に記述し詳細記事があればそこへ誘導すること、あるいはそのための記事。略語や人名などが代表的である。意味が複数あるが、ある一つの意味をすことが多い場合は、その意味で記事をたて、単_(曖昧さ回避)にそれ以外の意味も列挙するスタイルがとられる。

なお、この不思議な日本語ウィキペディア英語版の「disambiguation」の訳として使われている。この単は「あいまいな」を意味する「ambiguous」から形容詞の語尾につく「-ous」を取り除いて、打ち消しの意味をもつ「dis[1]と動詞化する「-ate」をくっつけた「disambiguate」を名詞化して「〜すること」としたである。もともとのニュアンスを損なわずに日本語にするとすれば「非曖昧化」といったところである。

普通だったら「明確化する」という「clarify」を使えばいい話であり、この自体が「非曖昧化」という直訳で感じていただけるように、曖昧であることを強調する必要のある非常に特殊なケースのために割と最近になって上のように切り貼りして作られた単であり、普通の辞書にはまず載っていない。Wikipedia以外でこの単を見かけたらぜひ教えてほしいくらいである。

このように元がこんな単なので、日本語に限らずどの言だろうがわりと非日常的で染みのない単となっており、記事サイズを抑え、参照性を高めるためにWikipediaが生み出した苦の策という側面がある。したがってニコニコ大百科などWikipediaではないところにこの非日常的な単や本来の百科事典には存在しない概念を持ち出すことを嫌う人もいる。

ニコニコ大百科において

転じて、ニコニコ大百科でも積極的に使われている。基本的に該当項リスト化する手法がとられることが多いが、テンプレートを使っている記事もなくもない。

また、「曖昧さ回避」ののかわりに「もしかして」という表現も使われることもある。詳細は「もしかして」を参照。

テンプレート

曖昧さ回避 この記事は曖昧さ回避です

○○とは、以下のことを表す。

(項目があれば適宜分類)

上記お知らせ表示部分のHTMLソースは以下の通り。言うまでもないが、別にこのテンプレを使わなければならないというわけではない。「見出し2(<h2>タグ)」で代用してもなんら問題はない。

<table style="border: 0pt none; margin: 1em auto;">
<tbody>
<tr>
<td style="padding-left: 14px; background-color: #ffffff; border: 1px solid #888888; border-width: 1px 0 1px 18px; vertical-align: middle;"><img src="http://dic.nicovideo.jp/oekaki/15850.png" alt="曖昧さ回避" style="vertical-align: middle;" height="40" width="40" /></td>

<td style="padding: 12px 12px 12px 6px; background-color: #ffffff; border: 1px solid #888888; border-left: none; vertical-align: middle;"><strong>この記事は曖昧さ回避です</strong></td>
</tr>
</tbody>
</table>

意地でも「曖昧さ回避」という語を使いたくない人のためのお知らせ表示案

曖昧さ回避

この記事はdisambiguationです。
ウィキペディアンには「曖昧さなんたら」と呼ばれていますが、
編集者のこだわりによりこの記事では「---」と呼びます。

適宜「---」を変して使えば、「曖昧さ回避」を使わなくてすむかも。

関連項目

脚注

  1. *disる」のdisと同じ。ちなみにこれは「disrespect」の略。この接頭辞は動詞由来の単や動詞につくことが多く、とりあえず動詞ならなんでもdisをつけておけば反対とわかってくれる感がある。

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「曖昧さ回避」で検索