ニコニコ大百科

とは、以下のことを表す。

人名

概要

に発汗した際の汗の吸収、燥及び防寒が的だが、装の色やシルエット等の全体的なデザインを重視したものも存在する。

や文化によっての使い方的は異なり、地域などによってあらゆる機をもったが数多く存在する。

服の種類

衣類の一覧の記事を参照。

装飾品

アクセサリーの記事を参照。

漢字として

Unicode
U+670D
JIS X 0213
1-41-94
部首
画数
8画
読み(常用)
フク
訓読み(常用)
-
意味
衣類、着る、身に帯びる、したがう、つき従う、従事する、実行する、慕う、喪にこもる、習う、用いる、四頭立ての場所の内側二頭の、(を)飲む、(箙と通じて)えびら、(鵩と通じて)フクロウ、(匐と通じて)匍匐する、という意味がある。
説文解字〕の本字は𦨕で〔説文・巻八〕に「用ひるなり。一にの右騑なり。舟を旋らす所以なり」とある。〔爾雅・釈言〕に「整なり」、〔玉篇〕に「舟の大なるなり」、〔広韻〕に「事にするなり、衣服なり、又た行くなり」とある。
字形
に従い符は𠬝。𠬝は屈するという字。舟が変じてになっている。
音訓
読みフク音)、ブク(音)、訓読みは、きもの、きる。
規格・区分
常用漢字であり、小学校3年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
符とする漢字には、菔、箙、鵩などがある。
役・忌・従・飾・装・務・喪・用・

異体字

𦨕
Unicode
U+26A15
部首
舟部
画数
10画
𦨈
Unicode
U+20538
部首
八部
画数
19画
𣍞
Unicode
U+2335E
部首
画数
6画
𦩟
Unicode
U+26A5F
部首
舟部
画数
15画
𨈞
Unicode
U+2821E
部首
身部
画数
11画

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「服」で検索