ニコニコ大百科

東方(埼玉県深谷市)

東方および東方町埼玉県深谷市の北東部に存在する地名である。

読みは「東方ひがしがた)」、「東方町ひがしがたちょう)」である。

概要

明戸 増田 本田 増田
宮ヶ 西別府
原郷 東方
済寺町 東方町 別府
羅町
町東 東方

深谷市東方付近の住所略地図
実際は複雑に入り組んでおり、
上記の図の通りではないことに注意。
東方より東の「下増田」「西別府」「別府」「新」は熊谷である。

埼玉県深谷市には「東方」と「東方町」という地名が存在する。東方町には5丁まで存在している。深谷市北東部・熊谷と接する位置にある。最寄JR高崎線籠原駅

大まかには、北部に「東方」、その南部に「東方町」がある。そのさらに南、国道17号線JR高崎線に挟まれた地区は「羅町(はたらちょう)」という住所となる。さらに羅町の南には、また「東方」という住所が飛び地のように存在している。この辺りは隣の熊谷とのも複雑で、非常に紛らわしい。詳しくは、Yahoo!地図を参照のこと。

東方町南端には国道17号線が走り、東方公園がある。また、五街道の一つであった旧中山道が通っている。「東方」の地名は、「日本歴史名大系第11巻 埼玉県の地名」によると庁鼻和(こばなわ)から東の方角にあるのが地名の由来だという。

地理学的には櫛挽(くしびき)台地の北東端に位置し、北部は利根川積低地に移行している。北西部を福(丈方)が流れている。南部東方町には住宅が多いが、所々が点在する。特に東方町と接する羅町には、昭和50年代に行われた大規模な土地区画整理事業により工場が立地している。北部の東方に入ると、面積が広くなり民家はまばらとなる。は典的な近郊農業である。

以前、になると農協催でヒマワリの巨大迷路が出現していた。5万ヒマワリによる全長4Kmもの巨大迷路であった。かつては毎年開催されていたが、2003年8月9日頃に来た台風で壊滅的な被害を受け、それ以降は開催していないらしい。
東方にある某コンビニには、午後9時くらいになるとが現れるらしい。

交通

東方地区にはJR高崎線がかすめているが、は存在しない。最寄籠原駅深谷駅からバスを利用すると便利である。深谷駅及び籠原駅からバスで10弱分程度で到着する。なお、籠原駅からの場合徒歩での移動も可である。

東方交差点の写真東西に中山道国道17号線が通る。また、東方の北東部には国道17号線深谷バイパスと上武バイパスがかすめている。南北には「東通り線(埼玉県47号深谷東松山線、および埼玉県263号弁財深谷線で構成)」が通っている。国道17号線と東通り線の交差点は「東方交差点」であるが、この交差点は羅町と東方町とのにあり、交差点の住所は東方ではない。さらに、この交差点の看のフリガナは「Higashikata」と表記されているが、正しくは「Higashigata」である(深谷市ホームページ:住所表示一覧表より)。

東方中山道熊谷宿と深谷宿の間に位置しており、江戸から18番の「東方一里塚」があったとされている。ちなみに、国道17号線中山道ルートを一部踏襲している国道)の起点(東京都中央区日本橋)からは約80kmである。

関越自動車道ICより20分程度で到着する。

歴史

以下は、現在の「東方」「東方町」と呼ばれる辺りについての記述である。

東方地区は古くから開けた土地であり、隣の原郷にかけて木の本古墳群が点在している。木の本古墳群からは20弱の古墳が出土しているが、そのうち3基が東方地区から出土している。「深谷市史」によると、1950年に火の見塚と呼ばれる古墳が半壊した際、式石と直成年男子の頭などが出土したという。周辺に分布する埴輪などから六世紀中頃から七世紀の古墳であると推定されている。

東方と隣接する原郷地区は、7世紀後半から10世紀前半まで存在した羅(はら)衙(役所)があった場所であると推定されており、東方地区にも羅遺跡が眠っている。現在深谷市が遺跡確認調を行っているが、羅遺跡は一面に覆われており、状態は良好に保存されていると見られている。これは全的にもしいことである。

東方には深谷上杉氏家臣の居跡と伝えられる東方跡があり、定文化財(史跡)に定されている。現在では土壇・土塁・などの遺構が残っている。
東方歴史は詳しくは残っていないが、戦国時代にこの地を治めていた深谷上杉氏は深谷を本拠とし、東方はその支として建設されたようである。
深谷上杉氏は越後上杉氏上杉謙信)と小田原北条氏との間で帰属がめまぐるしく変わったが、1574年からは北条氏政の支配下に入った。小田原北条氏支配下では、東方深谷兵衛兼永・深谷兵衛吉教の居となったという記録が「大武鑑」に残っている。村の北方には「お姫屋敷」「御所屋敷」「御庫屋敷」「中間町」と呼ばれる場所があり、かつて深谷上杉氏家人の居館後の名残といわれている。豊臣秀吉小田原攻めにより小田原北条氏が滅びると、本深谷とともに東方も接収された。

その後、徳川家康関東に入部すると、臣の康長が1590年に1万石で東方に封じられ、東方が設置された。 康長は関ヶ原の戦で功を上げ、1601年に上野白井に加封された。東方となり、東方止された。

1617年5月に旗本・江原政全が「深谷東方村」に300石で、1625年には旗本・長谷川筑後守正成が同じく300石で徳氏から封じられている。一七世紀中葉に編纂された「武蔵田園簿」によれば、東方村の石高は田方五二八石余・方一千一四七石余であり、幕府領と旗本江原長谷川など六の相給であったと記されているが、一七世紀後半の「元郷帳」では旗本四の相給と記されている。1804年~1829年の間に編纂された「新編武蔵土記稿」では、幕府領・岩槻領と旗本六の相給で、126件であると記されている。

1889年4月、町村制施行により、東方村は、原郷村の一部、済寺村の一部、柴崎村、本田谷村と合併し羅(はたら)羅村大字東方となる。1896年4月にはが大里、榛沢、男と統合し大里羅村大字東方となり、1955年には羅村が深谷町等と合併し深谷市大字東方となる。2006年深谷市は大里岡部町、川本町、園町と合併。合併の際に大字を止し、住所表記も深谷市東方となり現在に至る。

寺社

熊野大神社

927年創建されたとされる神社で、邪那美命・速玉男命・事解男命の三柱をる。深谷上杉の重臣加賀守清英は社領を寄進したとされ、今でも、神社北方にある熊野免という年貢を免除した土地が残っている。

全久院

全久院は曹洞宗の寺院であり、1591年、康長が祖先である戸田弾正左右衛門宗のために建立し菩提寺としたとされる。
本山福井県永平寺神奈川県総持寺。深谷七福が設置されている。

弥勒院

真言宗智山の寺。熊野山良寺と号す。江戸時代には熊野大神社の別当寺であった。東方康長が古河に移封された際、当寺の僧も移住したという。

商業施設

コンビニ

飲食店

その他

関連動画

参考文献

関連リンク

城跡ほっつき歩き訪城覚書 東方城

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「東方(埼玉県深谷市)」で検索