mainmenu

globalmenu

    単語

    ジュ

    掲示板をみる(1)

    1

    (じゅ、いつき、き)とは、木のことである。他に以下のことを表す。

    人名

    人名では読みが書いていない限り、「いつき」と読む。

    架空のキャラクター

    漢字として

    Unicode
    U+6A39
    JIS X 0213
    1-28-89
    部首
    木部
    画数
    16画
    読み(常用)
    ジュ
    訓読み(常用)
    -
    意味
    木、木の総称、立、植える、門塀、栽培という意味がある。〔説文解字・巻六(段注本)〕に「木の生植するものの緫名なり」とある。
    字形
    符は尌。尌はの初文。尌の甲文に、鼓と鋤に従うものがあり、もともと農耕に関する儀礼を表したのかもしれない。
    音訓
    読みはシュ(音)、ジュ(音)、訓読みは、き、たつ、たてる。名のりに、いつき・たつき・しげ・な・みき・むら、がある。
    規格・区分
    常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
    陰・液・下・樹海形・脂・上・状・皮・木・

    異体字

    𡬾
    Unicode
    U+21B3E
    部首
    寸部
    画数
    14画
    𢒳
    Unicode
    U+224B3
    部首
    画数
    16画
    𣚤
    Unicode
    U+236A4
    部首
    木部
    画数
    16画
    𣕒
    Unicode
    U+23552
    部首
    木部
    画数
    13画
    𣗳
    Unicode
    U+235F3
    部首
    木部
    画数
    14画
    • 𡬾は、〔説文〕にある籀文。
    • 𢒳は、〔韻会〕に「鐘文に見ゆ」とある古文
    • 𣚤は、〔類篇〕にある古文
    • 𣕒は、〔字彙補〕にある古文。〔石鼓文〕に見られる。
    • 𣗳は、〔康熙字典〕にの俗字とある異体字。
    • 侸は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。〔説文〕には別の字として載っている。
    • 𠊪は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。また侸・尌の異体字。
    • 簡体字は树。

    関連項目

    掲示板

    急上昇ワード

    最終更新:2018/05/27(日) 08:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/05/27(日) 08:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP