ニコニコ大百科

樺太

樺太

樺太(からふと)とは、北海道の北に位置するである。

ロシアサハリン

概要

18世紀間宮蔵によって樺太であることが発見され、樺太とユーラシア大陸峡を間宮海峡と名付けられている。

近代以前はニヴフ、ウィルタ、アイヌといった民族がすんでおり、その後ロシア民が流入し樺太日本ロシアが混在している地域であったが、千島樺太交換条約によって、千島列島は、日本領土、樺太ロシア領土と確定された。

その後日露戦争が勃発し日本樺太全土を占領。1905年のポーツマス講和条約によって、樺太の南半分が日本領土、北半分がロシア領土とされた。第二次世界大戦による1945年の日ソ中立条約破棄によるソ連侵攻以来南側もソ連ロシア連邦が実行支配をしている。樺太守備隊の奮戦と千島列島を守備していた日本軍の奮戦により北海道まで侵攻されなかったが、日本軍シベリアに抑留され、民間人は自決する等の悲劇が起こった。

その後日本は、サンフランシスコ平和条約によって南樺太ウルップ以北と同様に放棄したとしているが、サンフランシスコ平和条約にはソ連が参加していないためロシア領土という根拠はないというもある。

日本政府は北方領土とは違い領土返還要をしておらず、領事館を樺太に置くなど実質的にロシアの領土と認めており、北海道の地方機関の支店も樺太に設置している。

ちなみに樺太の北は石油天然ガス地帯で、ロシア日本との共同開発への協議が続いている。

交通

日本統治時代は、北海道北端の稚内より、樺太南端のコルサコフ(大泊)まで鉄道連絡船が出ていた。稚内港に残る防波アーチは土木学会選奨土木遺産および北海道遺産として大切に保存されている。

その後、近年フェリー航路として再就航されたが、ふたたび運転を止めている。

内交通としては、縦断する鉄道路線が存在する。日本からキハ58気動車などが譲渡されたこともあったが、整備がままならず放置されている。

また、日本統治時代に渡ったD51蒸気機関車が一両動態保存されている。日本国内を含めても本線上を走れるD51は他に498号機一両しかなく重な存在である。

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「樺太」で検索