ニコニコ大百科

死亡

死亡とは、絶命すること。生物の生命活動が不可逆的に途絶えた状態のことをす。死んで亡くなる事。

概要

死亡とは、生命を失ったことをす汎用であるが、同様の意味を持つ「死去」「逝去」などとべ、較的「寿を全うせず、不慮の事故や病気によって死に至った」というニュアンスを含めて使われることが多い。

この「死亡」という単は人間以外の生物にも当てることができるが、人間だけをす事も多い。

また、生命を失うことになぞらえて、物事が修繕不可能なまでに破壊されること、活動不可能な状態に陥ることを差して「死亡する」「死ぬ」と呼ぶこともある。

今のところ、地球上の全ての生命はいつかは死亡する。

ニコニコ動画での死亡

ニコニコ動画では「動画削除されること」も「死亡」と表現されることが多い。特に権利者削除アカウント削除による動画削除は、上記のような「不慮の事故や病気によって」というニュアンスから「死亡」と表現されることが多い。

その他、ニコニコ動画では、動画を見て『笑ったら死亡』『ムラムラしたら死亡』などとバツゲーム冗談に使われることも多い。これは「笑ったら負け」などの「~したら負け」系の上位に相当する。

ビデオゲームでの死亡

ビデオゲームでは、キャラクターHPライフが0になったり、ミスをした場合、対戦格闘ゲームKOされた場合にも「死亡した」「死んだ」と表現する。特にRPGでは、キャラクターに明確にHPが設定されており、敵の攻撃などでこれをすべて失った場合のバッドステータスとして「死亡」とされているケースが多い。「死亡」に至る条件は基本的に敵の攻撃でHPをすべて失った場合であるが、強い呪いのを持った存在や、物理的に非常に危険な特性を持った存在などは、HP残量に関わらず一撃でキャラクターを「死亡」させてしまう特殊を持っていることがあり、「一撃死」としてプレイヤーに恐れられる。
死亡」してしまった場合は原則として通常のダメージ回復手段(傷や治癒の魔法)では回復出来なくなり、専用の設備や生の魔法生効果のある霊などを使用しなければ救助することは出来ない。
ただし、主人公達が発言する可性のあるゲームでは「死んでいるのに発言する」という異常な事態が発生してしまったり、物語上の展開として死亡したキャラクターは何故霊で救助できないのか、という点が設定上の矛盾として扱われるケースが増えたこともあり、これを嫌って「死亡」ではなく「失」(この場合は戦闘が終わると意識を取り戻す場合も多い)としたり、「戦闘不能」「瀕死状態」という「生命活動は途絶えていないが、戦闘には参加出来ない」状態である、と定義する作品も存在する(例えば、「ファイナルファンタジーシリーズは、3までは「死亡」であったが、キャラクターの発言機会が増えた4からは「戦闘不能」となっている)。
なお、「ウィザードリィ」では、「死亡」よりもさらに悪化した状態として「化」(Ash)があり(「死亡」よりもさらに確率が落ち、寺院等による生にも費用がかかるようになる)、「化」よりもさらに悪化した最悪の状態として「ロスト」(Lost)がある(キャラクターデータそのものが削除されてしまい、二度と戻らない)。基本的には死亡状態の治療に失敗してになり、化状態の治療に失敗してロストする、という段階を踏むが、敵によっては状態異常攻撃としていきなり化させて来たり、転移魔法の失敗や転移の(テレポーター)の発動で通常進入不可能な領域に飛び込んでしまうことでいきなりロストしたり(いわゆる「いしのなかにいる」)することもあるので注意が必要。

関連動画

関連項目

この記事について

ツイート

「死亡」で検索