mainmenu

globalmenu

    単語

    シュ

    掲示板をみる(0)

    1

    とは、古代中国の棒状の武器である。長さ一はない。、またを束ねて作る。

    漢字として

    Unicode
    U+6BB3
    JIS X 0213
    1-61-53
    部首
    画数
    4画
    𢎦
    Unicode
    U+223A6
    部首
    画数
    5画
    Unicode
    U+2F4E
    意味
    つえ、つえぼこ、矛の柄、で人を撃ち殺す、という意味がある。
    説文解字(段注本)〕には「を以って人を殊(ころ)すなり」とある。と殊が同であることによる解説である。また〔周礼〕に基づき「、積を以って、八觚、長さ丈二尺なり。兵に建て、賁以って先す」とある。〔釈名・釈兵〕には「長さ丈二尺にしてなり。撞く所有り、上に挃する」とある。
    字形
    𠘧の会意。𠘧は羽の形の字である。には羽飾りをつけて用いたらしい。
    音訓
    読みはシュ、ジュ、訓読みは、つえぼこ。
    規格・区分
    常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
    部首
    は部首部を作る。たたく、撃ち殺すことを表す意符として用いられる。に置かれ、部首としてはるまたほことも呼ばれる。
    符とする漢字に、𡚾、股、羖などがある。
    書・

    異体字

    • 𢎦は、〔韻〕にある異体字。経にあるという。

    互換文字

    • は、Unicodeにおいてと互換とされる字で、部首としてのを表す。

    関連項目

    掲示板

      掲示板に書き込みがありません。

    急上昇ワード

    最終更新:2018/07/23(月) 07:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/07/23(月) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP