ニコニコ大百科

流氷

流氷とは、上を漂っている氷のうち、に定着したもの以外をす。

日本における流氷

日本では網走・紋別などのオホーツク沿で見ることができる。オホーツクは四方をユーラシア大陸千島列島樺太北海道に囲まれ太平洋日本海などとが混じりにくい地理条件であることや、アムールから流れ込んできたにより塩分濃度が低くなること、シベリア高気圧という厳しい寒気団の影を受けることなどから、流氷が生成されやすい条件がっている。そのため、オホーツク沿北海道北半球では最も低緯度で流氷がたどり着く場所といわれる。

沿から流氷が確認できた最初の日を「流氷初日」という。気条件によって若干前後するものの、1月中~下旬のことが多い。い年度だと前年12月流氷初日を迎えることもあれば、2月に入ってようやく流氷の確認ができる年度もある。

その後、流氷は徐々に沿に向けて南下し、最終的には接するようになる。沿に接し、船舶が航行できなくなった最初の日を「接初日」という。例年1月下旬~2月中旬頃に接することが多いようである。

流氷の最盛期が終わると、流氷は徐々に沿から離れていく。その結果、沿から見渡せる域に占める流氷の割合が5割以下となり、船舶の航行が可になると「開け」が宣言される。その後更に流氷が遠ざかり、最終的には沿から流氷が観測できなくなる。沿から流氷が観測された最後の日を「流氷終日」という。流氷終日は3月下旬~4月中旬頃のことが多い。

流氷シーズン中は網走・紋別などで砕氷船が運航されるほか、JR石北本線ではリゾート列車による「流氷特急オホーツク」が、JR釧網本線では「流氷ノロッコ号」が運行される。

当たり前と言えば当たり前だが、漁に出る者にとっては船を出すことが出来なくなる厄介者である。

流氷観光における注意

シーズン中、流氷の上を歩いている人を見ることがあるが、その多くは専門の知識を身につけたガイドが引率し、特殊なスーツを着ているツアー客などである。こうした装備なしで単独で流氷の上を歩くのは大変危険なので絶対に避けなければならない。へ転落するとほぼ死亡確定である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「流氷」で検索