ニコニコ大百科

とは、体の周りを覆っている塩分を含む液体の層である。

曖昧さ回避

上記以外のについてはこちらを参照→海(曖昧さ回避)

概要

太陽系第3惑星である地球は、濃度約3%の食などが溶けたで出来ている。そのためそのままでは飲料には適さない。地球の地表のおおよそ7割が面であり、残りが陸地(河川沼含む)。は広いな大きいなである。

地域によって様々な特色が見られる。一般的に、自然のまま環境が保たれたほど、鮮やかで美しいとされ、公園自然保護区域として数多くの生物を内包する間となっている域も多い。とくに大きな流の通りや、それら温度差のある流がぶつかりあう域では大量のプランクトン、それを食べる小生物、さらにそれら小生物を捕食する魚類哺乳類など、食物連鎖生物の坩堝と化す。

明媚なを含むいわゆる「美しい」には多くの人間も集まり、釣り水泳スキューバダイビングなどのスポットとなることも多い。日本国内ならば、沖縄県周辺群は人気が高く、多くのダイバーで賑わう。コントラストや、生物秘的な群生、夕日に染まる線の風景など、をことさらに好み、事あるごとにに入り浸る趣味人も多い。そうでなくても、漁業によって、上で一生の大半を過ごす人間も少なくない。

原初の海

生物の発祥の地でもある。生物が発生する前の原初のは、地球が冷える過程で降り注いだがドロドロのマグマの上にたまってできたものであった。当初は気圧が極めて高く自体が300度以上であったことと、マグマによる高温で、それらがゆっくりと冷却され、生物が出来るまでさらに永い年を必要とした。

最初の生物が偶然に生まれ、その末裔たちが酸素を合成する合成を行うまでに進化すると、中の酸素濃度が急に上昇し、飽和した酸素上から空気中へと拡散していった。その後、大陸起など陸地形成が活発化し、岩盤から流出した塩化ナトリウム、いわゆるに大量に流れ込んだことで、現在に近いの組成が出来上がった。

他天体の海

にかつてがあった、とする説が提唱されていたが、現在ではと考えられていた部分は、単なる低地である可性が高いと研究されている。面で特に有名な「静かの海」の他、「~の」と名づけられた地名は変更されていない。火星に関しては惑星形成のごく初期にはがあった可性が摘されている。

そのほか、氷に覆われた体の場合、その地殻下にが存在する可性が高いことが判明している。

関連動画

の清さ、波の音の繰り返しなど、リラックス系の動画が多い。

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

- [英]sea - []mer - [独]Meer - []mare - [西]mar

この記事について

ツイート

「海」で検索